Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、ハリアーおよびクルーガーハイブリッドを発売

トヨタ、ハリアーおよびクルーガーハイブリッドを発売

カテゴリ:新車 / 2005年03月22日

 
 

トヨタは2005年3月22日、ハイブリッドシステムを搭載したハリアーハイブリッドならびにクルーガーハイブリッドを全国で発売した。

V8エンジン並みのパワー

両車は環境性能とハイパワーを両立させる「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」をコンセプトに、進化した「THSII」、リアモーターで後輪を駆動する「E-Four」(電気式4WDシステム)によってV8エンジン搭載車並みの走行性能を得たという。

「THSII」の基本的な仕組みは現行プリウスと同じだが、可変電圧システムにより288Vのバッテリー電圧を650Vへ昇圧したほか、フロントモーターの高出力・高回転化(167ps、34.0kgm)、それを大トルクに変換するリダクションギア(減速比:2.478)の採用によって、大幅にパワーアップを達成。エンジンはレクサスRX330(北米版ハリアー)用をベースとしたV6・3.3リッター(211ps、29.4kgm)だが、10・15モード燃費は17.8km/Lと「コンパクトクラス並み」をアピールする。

ハリアーは5人、クルーガーは7人乗り

後輪は専用のリアモーター(68ps、13.3kgm)で駆動。加速時などにエンジンとフロントモーターを随時アシストすると共に、4WD機能も果たす。また、車両姿勢を安定させるVDIMによってパワーステアリングやブレーキと協調制御を行いながら、高い操縦性や走行安定性を確保したという。

両ハイブリッドはほぼ同じシステムを積むが、ハリアーは5人乗り、クルーガーは7人乗り。目標台数は各500台ずつの月間1000台。また、海外でも順次発売する予定で、こちらは年間5万台を予定するという。いずれも当面は九州の宮田工場で生産を行う。価格はハリアーハイブリッドが409万5000円~462万円、クルーガーハイブリッドが399万円~436万8000円。

DAYSのコメント

プリウスのハイブリッドシステムのパワーアップ版+電気仕掛け4WDというところで、ドイツC車(カイエン?)に勝るとも劣らない動力性能を達成。ならば数値はというと、エンジン+モーター2つを合わせた最高出力は446馬力にもなるが、システムの出力としては272馬力/時速100km時。これはエンジン+バッテリーの出力合計らしい。3つが同じタイミングでピークパワーを出しているわけではないからだ。また、システムのトルクは未発表(これに関しては、3個のパワーユニットのどういう状態で測ればいいのか基準がないとトヨタは答える)。ハイブイリッドがもっと増えると、こうした測定方法も何か基準を作る必要がありそう。

(photo:DAYS)