Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型ハイブリッドカー「インサイト」発売

ホンダ、新型ハイブリッドカー「インサイト」発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2009年02月05日

 
 

ホンダは2009年2月5日、5ドアハッチバックの新型ハイブリッドカー「インサイト」を発表した。発売は2月6日からとなる。ホンダ車では2004年のレジェンド以来、約4年ぶりの開催となる名古屋での新車発表会からリポート(プチ試乗インプレもあり!)。

5ナンバーで5ドア。価格はなんと189万円から

初代インサイト(1999~2006年)は2人乗りアルミボディの「燃費スペシャル」だったが、新型インサイトはプリウス同様、5ナンバーサイズで5ドアハッチバックのハイブリッドカーとして再び登場してきた。「新時代コンパクトスタンダード」とあるように、低燃費、使いやすさ、走り、そして低価格で量販を目指す。価格はベースグレードで189万円からと、装備差をひとまずおけばプリウスより40万円以上も安い。ハイブリッド車としては衝撃的な低価格と言っていいだろう。

全長4390mm、全高1425mm、Cd値0.28の空力ボディは、いわば「ミニFCXクラリティ」風。特筆すべきは全幅を1695mmと5ナンバー枠に(海外からの反対を押し切って)収めたことだ。ルーフは「初代」インサイト風に後方でスラントし、最後にスパッと断ち切られる。そのためリアドア開口部のヘッドクリアランスはタイトだが、室内の広さ自体はプリウスに遜色ないレベルだ。

パワートレインはシビハイと同じ

ハイブリッドシステムは従来のシビックハイブリッドと同じ1.3リッター直4「i-VTEC」エンジン(88ps、12.3kgm)とモーター(14ps、8.0kgm)の組み合わせ。仕組みもシビハイのそれと同じで、エンジン主体で走り、それをモーターがアシストする。低速巡航時だけモーターのみで走る領域はあるが(もちろん減速時もエンジンは休止する)、機構上プリウスのようにモーターのみで発進することはない。

誰でもエコ運転が出来るように、「ECON(イーコン)」モードも新設されている。ECONスイッチをオンにすれば、スロットル制御、アイドルストップ領域の拡大、減速時の回生充電量の増加、エアコンの省エネ化などが行われる。なお10・15モード燃費は30km/L、JC08モードでは26.0km/Lだ。

バッテリーを小型軽量化して床下に配置

シビックハイブリッドでリアシートとトランクの間にあったバッテリーシステムは、荷室床下に移動。新開発のニッケル水素バッテリー(サンヨー製)とPCU(パワー・コントロール・ユニット)の一式は、19%小型化・28%軽量化された。このバッテリー搭載位置の変更は、初代プリウスから2代目プリウスへの進化と似ている。同時にこれらバッテリーボックスの部品点数をシビックハイブリッド比で50%減らし、4割のコストダウンを達成。このほか、アンダー200万円の低価格を実現するため、フィットやシビックなどとの部品共有化が積極的に行われている。

インターナビ経由でエコドライブ度を全国で競う!

面白いのは通信機能を備えたインターナビを使って「エコ運転度」の履歴(数値や葉っぱのマークで表示される)を残したり、「採点」をしてもらったりする「ティーチング機能」が用意されたこと。さらにインターナビ会員用のホームページでそれらのデータを見ることができるほか、全国の会員と燃費を競うこともできる。

追って北米、欧州でも発売

生産は鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で行われ、販売目標は月間5000台。追って北米、欧州でも発売予定で、グローバルで年間20万台の販売を予定する。

価格はベースグレードの「G」が189万、HID等を標準装備した「L」が205万円、パドルシフトや16インチアルミホイール&タイヤを装備した「LS」が221万円。オーディオやナビは全車オプションとなる。

デイズのコメント

パワートレインは基本的にシビックハイブリッドとまったく同じものだが、より小さく、軽く、さらに「安く」して、専用チューンしたのが新型インサイトだ。アリネタをどう味付けしてあるかが課題だろうと思ったが、さっそくチョイノリ試乗ができた。印象としては、普通のクルマだったシビックハイブリッドよりモーターのアシスト感が強く感じられ、いかにもハイブリッド車に乗っているという感覚があってなかなかよかった。この特別な運転感覚は、売るためには重要だと思う。ECONスイッチをオンにしていると、たとえSポジションでもクルマの方で燃費を制御しまくってくれるので、誰でもエコ運転ができるのもいい。最後にティーチング機能を見ていたら「チョイ乗りは止めましょう」と出てきた。思わず苦笑。

ホンダ>インサイト http://www.honda.co.jp/INSIGHT/

ホンダ>プレスリリース>新型インサイトを発売 http://www.honda.co.jp/news/2009/4090205-insight.html

(photo:DAYS)