Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、「iQ」を発表

トヨタ、「iQ」を発表

カテゴリ:新車 , イベント・フェア / 2008年10月15日

 
 

新型車「iQ」と渡辺 捷昭 トヨタ社長

2008年10月15日、トヨタは話題の“マイクロプレミアムカー”「iQ」を発表した。発売は11月20日からとなる。発表会は地元の名古屋では行われず、千葉県・幕張で開催。目標台数は月間2500台と控えめだが、既成概念を打破するクルマとして、今回の発表会はまるで愛知万博のトヨタパビリオンの再現のような気合いの入ったものとなった。報道陣とともにネッツ店の従業員とおぼしき人々も多数詰めかけていた。

全長3メートル未満で4名乗車を可能にしたパッケージング

全長2985㎜×全幅1680㎜×全高1500㎜、ホイールベース:2000mmというiQのボディサイズは、開発時にインスパイアされたであろうスマートより一回り大きい。しかしスマートと異なり、当初から4名乗車(実質は3名)を前提として開発されており、そこから導き出されたのがこのサイズだという。

 

(photo:トヨタ自動車)

トランスミッションをひっくり返して出力軸を前方配置とし、タイヤもエンジンより前に出してフロントオーバーハングを短縮。これによりタイヤサイズも大径化(175/65R15)が可能となった。さらにエアコンユニットの小型化などで、助手席足下のスペースを稼ぎ出し、その助手席側には前後に二人がまずまず乗れる空間を確保している。

また燃料タンクを床下に置いてリアオーバーハングを短縮する一方、世界初となる「リアウインドウ カーテンシールド エアバッグ」で後席乗員を追突から守るなど、計9個のエアバッグを標準装備し、衝突安全性を高めている。後席をたたんだ場合はゴルフバッグ2つの収納が可能だ。

実燃費はトヨタガソリン車で一番を自負


(photo:トヨタ自動車)

エンジンはヴィッツ、パッソなどでおなじみの1リッター3気筒「1KR-FE」型で、変速機は当然CVT。10・15モード燃費こそ23km/Lだが、重量は900kgを切っており(890kg)、実燃費は期待できるという(JC08モードでは21.0km/L)。2015年度燃費基準を達成し、平成17年度基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得している。

プレミアムカーを標榜するマイクロカー

ラインナップは「100X」と「100G」の2グレードで、価格はそれぞれ140万円と150万円。100Gのレザーパッケージ装着車(アルミホイールも標準装備)は160万円。このサイズのクルマとしてはかなり高価ゆえ、プレミアムカーとしてブランド性をアピールしていくことになる。ただし販売はネッツ店であるため、ヴィッツなどの既存コンパクトカーとの棲み分けが課題となりそうだ。欧州は来年から発売されるが、北米はまだ未定という。

デイズのコメント

ついに、ついにiQが登場。実車は一見けっこう大きいという印象がある。室内に入っても運転席にいる限り、革新的なパッケージングに収まっているという感動はない。アイポイントがヴィッツなどと大差ないからだろう。

半面、助手席は確かに見た目にも広い。シートを下げるとスマートをしのぐ空間を感じるが、前後に二人が座り、ドライバーが座ると、いわゆる小型車的な空間となる。

 

もちろん狭くはないが、この左右空間の確保のために小型車枠いっぱい近い車幅が必要だったのだと思うと、やや残念な気持ちにもなる。またプレミアム感に関しては、レザーパッケージでないと充分には感じられなかった。

とはいえ、より小さなクルマを作るという理想をトヨタが実現したことの意義は大変大きいと思う。これを機に今後各社から魅力的なマイクロカーが登場することに期待したいし、その意味では成功して欲しいクルマだ。

 

トヨタ>iQ
http://toyota.jp/iq/

トヨタ自動車>プレスリリース>新型車「iQ」を発売 http://www.toyota.co.jp/jp/news/08/Oct/nt08_068.html