Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、新型「ラフェスタ」を発売

日産、新型「ラフェスタ」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2004年12月02日

 
 

日産自動車は2004年12月2日、大型パノラミックルーフで「いままでにない開放感」を追求した3列シート・両側スライドドアのミニバン「ラフェスタ」を発売した。東海地区での新車発表会が行なわれた名古屋・日産ギャラリーからリポート。

SHIFT_ open feeling(開放感をシフトする)

「「ラフェスタ」はリバティの後継となる、日産の2.0リッタークラス・3列シートミニバンだ。両側スライドドアを備えるが、ライバルはトヨタ・ウイッシュ、ホンダ・ストリームといったあたり。

最大の特長として日産が挙げるのは、すべてのパッセンジャーが楽しく快適にドライブできるように、大開口のパノラミックルーフを採用したこと。150cm×80cmという国内最大級のガラスサンルーフで、これを全車に標準装備した(ただし、レス仕様も-7万3500円で全グレードに用意する)。ガラスははめ殺しだが、電動サンシェイドで開口面積を調節できる。もちろんフロントガラスと同じ合わせガラス製で、紫外線を100%カットするUVカット機能付だ。

シャシーはメガーヌと共有

ボディサイズは全長4495mm×全幅1695mm×全高1600mm(「PLAYFUL」を除く2WD車)と5ナンバー幅でコンパクト。最小回転半径5.1mと小回りが効き、さらにカーウイングスナビと共にオプションのサイドブラインドモニター&バックビューモニター、車両前端のヘッドランプマーカーと相まって、取り回し性はかなり良さそうだ。

プラットフォームは日産車で初めて、ルノー・メガーヌIIと共有する。これが実は見えない部分でのビッグニュースだ。サスペンション等も共通で、違いは主に補強程度という。駆動系は以前に発表された新開発MR20DEエンジンとエクストロニックCVTを全車に採用する。

インテリアは日産らしくデザインで勝負といった感じだが、運転席からセカンドシートにいる子供とのコミュニケーションがとりやすい「ベビーフレンドリーモード」と名付けたシートアレンジなど様々な工夫を盛り込む。

車名「ラフェスタ(LAFESTA)」とはイタリア語の「祝・休日」「楽しいできごと」から。広告キャッチフレーズは "Big view design" で、テレビCMもパノラミックルーフをアピールする。販売目標は5000台/月。価格は178万5000円(20S、パノラミックルーフレス仕様)~231万円(PLAYFUL・4WD車)。

DAYSのコメント

Cプラットフォーム+5ナンバー枠でミニバンを作ると、日本で最も使い勝手のいいミニバンになる、という典型的モデル。パノラミックルーフは家族にウケること間違いなしだし、これ一台あれば幸せはきっとやってくる、と思えるクルマだ。ただ、フロントやサイドビューの地味さはいささか残念。いくらファミリーカーとはいえもう少し華やかさが欲しいところ。リアビューはおしゃれな感じなのだが

(photo:DAYS)