Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ル・マン24時間でアウディが2連勝、プジョーは2位

ル・マン24時間でアウディが2連勝、プジョーは2位

カテゴリ:クルマ関連ニュース / 2007年06月18日

 
 

6月16日(土)-17日(日)にフランスで開催された伝統の「ル・マン24時間耐久レース」にて、アウディR10 TDIが2年連続の優勝を飾った。アウディと同じくディーゼルパワーで参戦したプジョーは2位と健闘した。

前年の覇者たるアウディと挑戦者たるプジョーとで、ディーゼルエンジン(5.5リッターV12直噴ディーゼルターボ)同士の対決となった今年のル・マン。決勝では、予選でポールポジションを獲得したプジョー908 Hdi(ペドロ・ラミー/ステファン・サラザン/セバスチャン・ブルデー組)がアウディR10 TDIを追う展開に。しかし、大荒れの天候の中、両者とも数々のアクシデントやトラブルに見舞われる展開となった。

まずアウディ勢3台のうち1台(ルーカス・ルール/アレクサンドレ・プレマ/マイク・ロッケンフェラー組)が早々にクラッシュしてリタイア。レース後半までトップを独走していたもう1台のアウディ(リナルド・カペロ、アラン・マクニッシュ、トム・クリステンセン組)もトラブルからクラッシュ、リタイアした。

2位に浮上したプジョー(マルク・ジェネ/ニコラ・ミナシアン/ジャック・ビルヌーブ)も終盤に長いピットストップを経て、最終的にリタイア。結果、アウディ勢で最後の1台(フランク・ビエラ、エマニュエル・ピロ、マルコ・ヴェルナー組)が昨年に続いて優勝。2位には、ポールからスタートしてやはり1台だけ残ったラミー/サラザン/ボーデ組のプジョーが入った。


■第75回 ル・マン24時間耐久レース 決勝結果
1. ビエラ/ピロ/ヴェルナー (アウディR10 TDI) 369周
2. ラミー/サラザン/ボーデ (プジョー 908 HDi ) 359周
3. コラール/ブイヨン/デュマ (ペスカローロ-ジャッド) 358周
4. バルボーサ/ホール/ショート (ペスカローロ-ジャッド) 347周
5. ブラバム/ライデル/ターナー (アストンマーチンDBR9) 343周


アウディ・ジャパン公式サイト>プレスリリース

プジョー・ジャポン公式ページ>ル・マン レポート