Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、「マークX ジオ」を発売

トヨタ、「マークX ジオ」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2007年09月26日

 
 

トヨタは2007年9月26日、新コンセプトの3列シート車「マークX ジオ(Mark X ZiO)」を発売した。報道発表会が行なわれたトヨタ博物館(愛知県長久手町)から速報。

セダン、ワゴン、ミニバンを融合

車名は「マークX ジオ」(以下ジオ)だが、マークXベースの派生モデルではない。プラットフォームはブレイドやRAV4と同系の前輪駆動シャシー。そこにブレイドやエスティマ等でおなじみの2.4リッター直4(163ps)+CVT、もしくは3.5リッターV6(280ps)+6ATを搭載した、というのがメカニズムの概要だ。

後回しになったが、開発テ-マは「Saloon’s Future(セダンの未来像)」。具体的には、「4+Free(フォー・プラス・フリー)」、すなわち独立4座シートを核に、後部をミニバンのようなサードシート、あるいはワゴンのような荷室、もしくはトノボードで仕切ってセダン風に、といった具合に「3モードキャビン」とした点が大きな特徴だ。

オリジナルは2005年東京モーターショーの「FSC」

ジオの原型は2005年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「FSC」(フレキシブル・サルーン・コンセプト)だ。その市販モデルに、なぜメカニズム的に関連のない「マークX」の名を付けたのか?という報道陣の問いに、豊田章男副社長は、マークX自体が走行性能やデザインなどの点で挑戦的なモデルであり、ジオもその点においてマークXの名に十分値するクルマであるため、と説明する。

なお「ZiO」は、英語で1台で様々な空間を持つという意味を込めた「Zone in One」からの造語。「Z」と「O」が大文字なのは、だからそういうわけだ。

6人ないし7人乗り

ボディサイズは全長4695mm×全幅1785mm×全高1550/1565(4WD)mm。室内で目新しいのは新タイプの「クリスタルシャイン・オプティトロンメーター」や同様にオプティトロン化されたエアコン操作ダイアル。「4+Free」を謳うものの、主力は2×3×2の7人乗りとなっている。

トヨタ博物館内のコースで簡単な試乗が出来たが、基本的には乗り心地重視(特に2.4リッター)。ブレイドのサスペンション(前ストラット、後ダブルウイッシュボーン)をベースに、マウント方法を変更するなどして快適性重視に仕上げたという。3.5リッターは言うまでもなくパワフルだ。

月4000台目標で、256万~333万円

生産は豊田自動織機の長草工場(愛知県大府市)。販売目標台数は月間4000台で、販売は主にトヨペット店。価格は2.4リッター車(FF/4WD)が256万~299万円。3.5リッター車(FFのみ)が333万円。

DAYSのコメント


2005年東京モーターショーの「FSC」

トヨタが久々に出す、市場創造型あるいは提案型の商品だ。豊田章男副社長自身が自らをターゲット世代だ、とする50代の、つまりクルマを知り尽くした世代が「次に買うべきクルマ」。セダン、ステーションワゴン、ミニバンを統合し、高級車のエッセンスをふりかけて出来た「オールインワン」の国内専用車であり、やがて「ジオから始まった」と言われるようなジャンルを創造すべく投入されたまったく新しいモデル。そのコンセプトや見事だが、しかし、これまでの提案型トヨタ車に比べて、今ひとつ興奮できないのは、コンセプトカーFSCに比べてスタイリングに精鋭さが感じられないためか。

(Photo:DAYS)

http://toyota.jp/markxzio/index.html