Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、ムラーノをフルモデルチェンジ

日産、ムラーノをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 , イベント・フェア , クルマ関連ニュース , 東海地区の情報 / 2008年09月29日

 
 

日産自動車は2008年9月29日、クロスオーバーSUVの「ムラーノ」をフルモデルチェンジして発売した。東海地区でのデビューイベントが行われた日産 名古屋ギャラリーから。

北米メインからグローバルモデルへ

初代ムラーノは2002年に北米でまず投入、日本では2004年9月に発売された高級クロスオーバーSUV。今回の2代目も北米では今年1月に発売済みだが、もともと米国が主眼だった初代に対して、新型は最初からグローバルモデルとして開発されているのが特徴だ。先代では日・米・欧を主とする約80ヶ国だった販売エリアは、新型では170ヶ国と倍増する。

ティアナと同じDプラットフォームを採用

メカニズム的には、新型ティアナ等と同じ、新世代の「D-プラットフォーム」を採用。初代で好評だったマッチョなデザインは、その初代の時と同じ「SHIFT_design」(デザインをシフトする)のテーマに則って一新され、より品質感の高いものとなっている。ボディサイズは全長4825mm×全幅1895mm×全高1730mm(ルーフレール付)と若干大きくなった。

全車CVT&フルタイム4WDに

エンジンは従来と同じ3.5リッターV型6気筒の「VQ35DE」(260ps、34.3kgm)と2.5リッター直列4気筒の「QR25DE」(170ps、25.0kgm)だが、変速機はいずれも改良型のエクストロニックCVTに進化(先代の2.5リッターは4ATだった)。さらにFFもあった先代に対して、新型は全車「オールモード4×4」ことフルタイム4WDとなっている。10・15モード燃費はプレミアムガソリンを指定する3.5リッター車が9.3km/L、レギュラーガソリンの2.5リッター車が11.0~11.4km/Lだ。

倒した後席の背もたれが、電動で復帰!

装備面でユニークなのは、荷室側からレバー操作で倒した6:4分割可倒式の後席背もたれがスイッチ一つ、電動で起きること。サードシートを電動収納とした例は多いが、セカンドシート収納の電動化は珍しい。荷室にはワンタッチで立ち上がる仕掛けの仕切りが設けられ、荷物の転がりを防止する。

天井にはティアナと同じ、ガラスルーフ風のダブルサンルーフ、「スタイリッシュガラスルーフ」を用意。さらに、死角を補うのと同時に、左フェンダーミラーの装着を免れるべくサイドブラインドモニターも全車に標準装備している。

315万円から404万2500円

生産は日産の九州工場で行われ、ここから海外へも送り出される。国内の販売目標台数は月間900台。ラインナップと価格は以下の通り。グレードは2種類とシンプルで、同一グレードなら排気量が違っても装備にはほとんど差のない設定となっている(たとえばタイヤサイズも3.5と2.5では同一)。

・350XV FOUR (エクストロニックCVT-M6) 404万2500円
・350XL FOUR (エクストロニックCVT-M6) 362万2500円
・250XV FOUR (エクストロニックCVT)   357万円
・250XL FOUR (エクストロニックCVT)   315万円

DAYSのコメント

ごくシンプルなデザインであったがゆえに、アメリカンな雰囲気を醸しだし、それがゆえに一部で強い支持を得て成功作となった初代ムラーノ。これに対して二代目は、抑揚のついたプレスラインで新しさを強調する反面、170ヶ国で売られるインターナショナルなモデルらしく、無国籍感を感じさせるデザインとなっている。これが特に大型SUVに古典的アメリカンムードを求めがちな日本のユーザーにどう評価されるか、興味深いところだ。想定ターゲットは40代の、子育てが一段落してミニバンを降り始めたかつての「新人類」層だという。新人類といわれた子供達も、もはやそんな年齢になったのか、と感慨深い。

日産>ムラーノ http://www2.nissan.co.jp/MURANO/Z51/0809/index.html?page=w10

日産>プレスリリース http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2008/_STORY/080929-01-j.html

(photo:DAYS)