Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型軽自動車「N-ONE」を発売

ホンダ、新型軽自動車「N-ONE」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2012年11月01日

 
 

ホンダは2012年11月1日、新型軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」を発表した。発売は2日から。東京会場とは別に、中部地区での新車発表会が行われた名古屋観光ホテルからリポート。

新型はハイト系。デザインはN360がモチーフ


右から日本営業本部の加藤部長、鈴鹿製作所の山根所長、4輪R&Dの石川LPL代行

新型N-ONEは、「N BOX」(昨年12月に発売)と「N BOX+(プラス)」(今年7月に発売)に続く「Nシリーズ」の第3弾。前の2作がいわゆるスーパーハイト型、つまりタントやパレットをライバルとしたのに対して、今回のN-ONEはハイト型、すなわちワゴンRやムーヴに相当するサイズ感を持つ。

 

写真は2トーンカラースタイル(オプション装着車)。Aピラーは全車ブラックアウトされる

とはいえ、広告キャッチコピーに「プレミアムな軽、できました。」とあるように、ホンダとしては「ワゴンRをライバルとして開発したわけではない」(開発スタッフ談)。目指したのは、あくまでもホンダが提案する「日本の新しい乗り物」、「長く愛されるクルマ」、「新しいベーシックカー」ということになる。

それを象徴するのが、1967年に発売されたホンダ初の軽乗用車「N360」をモチーフにしたデザイン。ホンダがこうしたレトロデザインを採用した例は、2輪車ではすでにあるが、4輪車では今回がほぼ初。ボディカラーは全16色で、11色の通常カラーに加えて、N BOX+で好評のボディとルーフを塗り分けた「2トーンカラースタイル」を5色用意する。

シャシーはN BOXがベース


1610mmの全高は、N BOX(1770mm)より160mmも低い

ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1610mm(4WDは1630mm)。ホイールベースはN BOXと共通の2520mmで、ここからも分かるようにプラットフォームはセンタータンクレイアウトのN BOXがベース。これにより、ホンダにとって座右の銘である「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を追求している。

 

ベースグレード「G」のインテリア。上級の「プレミアム」では精悍な印象が高まる

切り立った垂直面と細長い棚を組み合わせたインパネデザインも、何となくN360や初代シビックあたりを思い起こさせるもの。そこにフラットなディスプレイ付のオーディオを配置し、ホンダ純正ナビアプリ「インターナビポケット」をインストールしたスマートフォンを接続して、携帯のナビ画面をディスプレイに表示させられるのが新しいところ。

ノンターボとターボの2本立て


ターボ車の走りや快適性は1.3リッタークラス、すなわちフィットと同等と訴える。軽自動車がリッターカーと同等であると公に謳うことは、これまであまり無かった

パワートレインも基本的にN BOXと同じ。形式名「S07A」こと3気筒DOHCエンジンは、ノンターボ(58ps、6.6kgm)に加えて、「1.3Lクラス並みの走りを実現」するターボ(64ps、10.6kgm)の2本立て。変速機は4WDも含めて全車CVTになる。

JC08モード燃費はノンターボが27.0km/L、ターボが21.4~23.2km/L(いずれもFF車)。アイドリングストップ機能はノンターボだけの装備だが、ボタン一つでエコ・ドライブを可能にする「ECONスイッチ」は全車に装備される。。

 

短時間ながらノンターボ(左)とターボに試乗も出来た。

安全装備に関しては、N BOXに続いてVSA(車両挙動安定化制御システム)を全車に標準装備。また軽自動車で初のエマージェンシーストップシグナル(急ブレーキをかけるとハザードランプが素早く点滅する)も全車標準化。サイドカーテンエアバッグおよび前席用サイドエアバッグは、一部グレード(Lパッケージ)に標準装備した。

 

こちらはターボ。さすがにパワーには余裕があり、加速時の静粛性も普通車並みであることが実感できた

目標販売台数は月間1万台(ちなみにN BOXは目標1万台)。生産はN BOX同様、全て鈴鹿製作所で行われる。価格はノンターボが115万~156万7750円、「ツアラー」と呼ばれるターボが123万~170万7750円(いずれも4WDを含む)。

デイズのコメント

メイド・イン・ニッポン、メイド・イン・スズカ。ということで、仕上がりは文句なし。またフィアット500のように往年の自社製品のデザイン、つまりN-ONEで言えば、N360のフロントグリルをモチーフにしたという点が日本車では珍しい。さらにターボを贅沢品ではなく、パワートレインの主力に位置づけたというのも画期的。ターボ車比率は3割強を目指すという。もう少し背が低いとカッコ良くなるが、あえて高めて居住性も重視している。すでに9000台の注文があり、まずは好調なスタードだ。ターゲットの団塊世代には「刺さる」はずだが、もう一つのターゲットである若者に刺さるかどうかが成否を分けそうだ。

 

■外部リンク
・ホンダ>プレスリース>新型軽乗用車「N-ONE」を発売 (2012年11月1日)