Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、カローラフィールダーとカローラアクシオをマイナーチェンジ

トヨタ、カローラフィールダーとカローラアクシオをマイナーチェンジ

カテゴリ:新車 / 2015年03月30日

 
 

トヨタは2015年3月30日、カローラフィールダーとカローラアクシオのマイナーチェンジを発表した。発売は4月1日から。中部地区での発表会が行われたトヨタ博物館(愛知県長久手市)からリポート。

「Toyota Safety Sense C」をトヨタで初採用

現行(11代目)カローラは2012年5月に登場し、翌2013年8月にカローラ初のハイブリッド車が追加されている。

今回行われたマイナーチェンジのポイントは3つ。内外装デザインの刷新、安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」の採用、そして新開発1.5Lエンジンの採用だ。

 

トヨタで初めて採用された「Toyota Safety Sense C」は、以下に挙げる3つの安全装備がセットで装備されるもの。上級グレード(Gグレード以上)では標準装備、下位グレードでは5万4000円のオプションになる。

まず一つ目は「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)」。これはレーザーレーダー(近距離を高精度で検知)と単眼カメラ(遠距離を画像解析で認識)という2つのセンサーで前方にある、主に4輪車などの障害物を検知し、ドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報するもの。さらに停止車両に対して自車の速度が30km/hになった場合は、自動ブレーキにより約30km/h分の減速を行い、衝突回避を支援する(簡単に言えばぶつかる前に止まる)。

 

自動ブレーキの作動速度域は約10~80km/hで、トヨタによれば実際に発生している追突事故の80%以上に対応するという。また、80km/以上でも、衝突の可能性があれば警告は行うとしている。

二つ目は、トヨタの上級車や他社モデルでもおなじみのレーンディパーチャーアラート(LDA)。新型カローラの場合は、単眼カメラによって走行車線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示で警報を出す。ステアリングの操舵アシストは行わない。

 

発表会の後には、トヨタ博物館のテストコースで30km/hからの自動ブレーキ性能を体験できた

そして三つ目は、同じく単眼カメラによって、対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム(AHB)。新型カローラのAHBは、遮光板を使って照射範囲を無段階で変更するタイプではなく、シンプルにハイ/ローを切り替えるタイプになる。

 

Toyota Safety Sense C (センサー部)。左の丸いレンズが単眼カメラ、右に2つ並んでいるのがレーザー受光部、下がレーザー発光部
(photo:トヨタ自動車)

この「Toyota Safety Sense C」は、センサーユニット(レーザーレーダーと単眼カメラ)が極めてコンパクトで、搭載性に優れるのが特徴であり、具体的にはフロントウインドウ上部に搭載できる。つまり搭載スペースの確保が難しい小型車でも採用しやすく、それでいて低価格車で一般的なレーザーレーダーのみのシステムよりも作動条件が広く、カメラの性能や画像解析技術の進化によって発展性があるのもメリットだ。

一方でデメリットとしては、ミリ波レーダーや、(スバルのEyeSightのような)ステレオカメラなどを使わないため、それらを搭載する車両にあるような車間制御機能付クルーズコントロールや、高い速度域での自動ブレーキによる衝突回避機能は備わらないことが挙げられる。レクサス車やトヨタ上級車に設定があるレーダークルーズコントロールについては「お客様の要望をお聞きしながら検討する」としている。

 

新開発の1.5Lエンジンを採用

外観デザインのテーマは、フィールダーが「スポーティ」。大型の台形ロアグリルを採用した「アンダープライオリティ」(下側に重点を置き、低重心感を強調した意匠)を表現。アクシオのテーマは「モダン」で、拡大されたロアグリルやフロントのメッキ加飾などでワイド感や質感を高めている。

環境性能については、ハイブリッド用エンジン譲りのアトキンソンサイクルや、VVT-iE(Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor:電動連続可変バルブタイミング機構)を採用した新開発の1.5Lエンジン(2NR-FKE)を採用(2WD・CVT車)。また、同エンジン搭載車にはアイドリングストップ機能(Stop&Start System)も標準装備して、JC08モード燃費23.4km/L(カローラフィールダーは23.0km/L)を達成している。

 

販売チャンネルはトヨタカローラ店で、月販目標はフィールダーが6000台(内ハイブリッドは4000台)、アクシオが3000台(同1300台)。

価格はフィールダーが161万1163円~、同ハイブリッドが219万5345円~。アクシオが146万4873円~、同ハイブリッドが203万0400円~。

 

DAYSのコメント

トヨタは止まるとは絶対に言わないが、試乗したところ30km/h以下なら「たしかに止まった」。10年ほど前に高級車で登場したプリクラッシュセーフティ装置が、普及型とはいえ、大衆車カローラに標準または5万円で装着できる時代にやっとなったのだ。ABSもそうだったが、5万円以下か標準装備になると、こういったものは一気に普及する。なかなか進まないように見えるクルマの進化だが、10年スパンで見れば確実に進化しているわけだ。それを実感したカローラのマイナーチェンジだ。

■外部リンク
トヨタ自動車>ニュース>新型カローラフィールダーならびにカローラアクシオを発売(2015年3月30日)