Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型6人乗りハイブリッド車「ジェイド」を発売

ホンダ、新型6人乗りハイブリッド車「ジェイド」を発売

カテゴリ:新車 / 2015年02月12日

 
 

ホンダは2015年2月12日、新型の3列シート・6人乗りハイブリッド車「ジェイド」を発表した。発売は13日から。中部地区での発表会が行われたホンダカーズ愛知 千代田店(名古屋市中区)からレポート。

パワートレインはヴェゼル譲り。シャシーは新開発

ジェイドは新開発の底床・低重心プラットフォームに、ヴェゼルの1.5L直噴エンジン+7速DCTの「スポーツハイブリッド i-DCD」を搭載した6人乗りミニバン。低い全高、3列シート、そしてフィットよりも一つ上のクラスということで、ストリーム(昨年5月に販売終了)の後継車ということになる。

 

先に中国市場で純エンジン車が販売されているジェイドだが、今回発表された日本仕様は、新開発のハイブリッド車のみ。シャシーはフィット/ヴェゼル系とは異なり、エンジンコンパートメントなどのフロントまわりは海外向け現行シビックをベースとしつつ、全体としては新開発の“超高密度低床プラットフォーム”を採用している。

 

これにより、燃料タンクはフィットやヴェゼルのような前席下ではなく、車体後方の床下に搭載され、逆に駆動用リチウムバッテリーは車体後部ではなく、プリウスαの3列シート車のように運転席と助手席の間(センターコンソール)に搭載される。ホンダのハイブリッド車で駆動用バッテリーをこの位置に積むのは今回が初だ。

リアサスペンションには上質な乗り味と荷室への張り出し抑制のため、ダブルウィッシュボーンが採用されている。

全高は立駐OKの1530mm。2列目シートはV字スライド

スタイリングは一見ステーションワゴンというか、スポーツワゴン的で、ボディサイズは全長4650mm×全幅1775mm×全高1530mmとかなりのワイド&ロー。特に全高は立体駐車場に余裕で収まる高さに抑えられ、シャークフィン型アンテナを除けば実質1500mmだという。ホンダが広告で謳うキャッチコピーは「都市発想」や「都市型3列」で、つまり3列シート車でありながら、都市部に多い立体駐車場にも対応できることをアピールしている。

 

シートレイアウトもかなり独自。このクラスで一般的な3人掛けの2列目シート仕様は(少なくとも今回の日本仕様には)設定されず、全車2×2×2の6人乗り仕様。しかも2列目はV字型にロングスライドすることで(Vスライドキャプテンシート)、後方にスライドした時にリアホイールハウスとの干渉を防いでいる。

 

3列目は基本的に+2のエマージェンシー的なものだが、収納方法に工夫があり、巧みな仕掛けで床下にフラットに収納出来る。また2列目も背もたれを倒せばフラットに畳めるほか、前方に座面ごと跳ね上げることも出来る。

Honda SENSINGを採用

安全装備については、歩行者まで検知対象とする「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用。ミリ波レーダーや単眼カメラの装備により、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、道路標識認識機能などを備えている。ただしパーキングブレーキが非電動でもあるため、30km/h以下での追従走行はしない。

 

走行性能に関しては、車重が1510~1530kgとヴェゼルより200kgほど重いものの、スロットル特性のチューニングや静粛性の向上により、上質でパワフルな走りを実現したという。燃費については、JC08モードで25.0km/Lを達成している(上級グレードは24.2km/L)。

ハイブリッドのFFのみで、価格は272万円~


助手席ドアミラー下に装備したカメラで、ウインカー操作時に左後方の状況をナビ用ディスプレイに映し出す「LaneWatch」を採用(Hondaインターナビとセットでオプション設定)

価格は標準グレードの「ハイブリッド」が272万円。Honda SENSINGや17インチアルミホイール&タイヤを標準装備した上級グレードの「ハイブリッドX」が292万円。ヴェゼルと異なり、4WDの設定はない。また、今のところはハイブリッド車のみだが、グレード名から見ると「ハイブリッド」じゃないモデルの追加もありそう。

販売目標は月間3000台。生産は埼玉製作所の狭山工場。

ちなみにジェイド(Jade)とは翡翠(ヒスイ)のことだが、かつてホンダの2輪車にも同名のモデルがあった(1991年に発売された250cc 4気筒のネイキッドモデル)。2輪ファンにとってはちょっぴり懐かしい車名の復活になる。

デイズのコメント


一般道でちょっぴり試乗。静かで上質感のある走りが印象的。「高速道路でもぜひ乗って欲しい」と開発担当者

ホンダお得意の、背の低い3列シートミニバンをハイブリッド車にしたものだが、角度を変えて見ると久々に出た本格ステーションワゴンとも言えそう。ふだんは2列・4人乗りでゆったり遠出ができ、その気になれば3列で6人乗れるというセダンライクなワゴンは、伝統的なステーションワゴンの姿ではないか。木のような触感の木目パネルの多用も、そういったワゴンを知る世代を喜ばせそう。その意味では若者というより子育ての終わった世代向けのクルマに思える。

 

■参考記事
新車試乗記>ホンダ ストリーム(2006年8月掲載)

■外部リンク
ホンダ>ニュースリリース>6人乗りの新型乗用車「JADE」を発売(2015年2月12日)