Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、パッソをマイナーチェンジ

トヨタ、パッソをマイナーチェンジ

カテゴリ:新車 / 2014年04月14日

 
 

トヨタは2014年4月14日、コンパクトカーの「パッソ」をマイナーチェンジして発売した。中部地区での発表会が行われた中部経済産業局(名古屋市中区三の丸)からリポート。

新開発1リッター3気筒エンジンで、ガソリン登録車トップの27.6km/Lを達成


パッソ X“G package”

パッソは、トヨタとダイハツが共同開発したコンパクトカーで、ダイハツの「ブーン」とは兄弟車の関係にある。初代パッソ/ブーンは2004年にデビュー、2010年に今の2代目にフルモデルチェンジしていた。

今回のマイナーチェンジでは、1リッター3気筒“高熱効率・低燃費”エンジンの搭載が最大のニュース。これは従来1リッター3気筒をベースに、圧縮比の向上、低フリクション化、バルブタイミング最適化を行い、さらに昨今流行りのクールドEGR、エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッド等を新採用したもの(エンジン形式は従来通り1KR-FE)。最大熱効率37%を誇る。

 

1リッター3気筒エンジンは69ps、9.4kgmを発揮。ミッションはもちろんCVT

また、減速時のエネルギーをバッテリーに貯める回生機能の強化や、エアロバンパー等による空力性能の向上を行ったほか、1.0リッター・2WD車(エントリーグレードを除く)に停止前に約9km/hからエンジンを停止するアイドリングストップ機能を標準装備。これらによりJC08モード燃費は、ガソリンエンジン登録車トップの27.6km/L(従来モデル比で30%向上)を達成している。

なお、パッソには1.3リッター直4エンジン(1NR-FE)搭載車もあるが、こちらはひとまず従来エンジンのままだ。

バンパーを一新。ハナに「シンジュパールマイカ」ルーフを用意


パッソ +Hana (2トーンカラー仕様)

もちろん内外装デザインもマイナーチェンジ。従来通り、通常モデル(XとG)と、女性向けの「+Hana」の2つの仕様が用意されたが、それぞれバンパーのデザインが一新されたほか、「+Hana」にはオプションで「シンジュパールマイカ」塗装のルーフを持つ2トーンカラー仕様を設定。ボディカラーは通常モデルに新色「ルリマイカメタリック」(上写真)を含む10色を設定、+Hanaには新色「サクラパールマイカ」(右写真)を含む9色を設定している。

 

生産は従来通りダイハツ本社の池田工場(大阪府池田市)で、月販目標台数は5000台(ブーンは未発表)。なお、2代目デビュー時の月間目標はパッソが6500台、ブーンが800台だった。

価格(消費税8%込)はパッソが109万8655円~で、+Hanaは135万5891円~。ブーンは1リッターのみで126万3600円~。

デイズのコメント


パッソ +Hana 。写真のボデイカラーはウグイスミックス(ウグイスメタリック×シンジュパールマイカ)
(photo:トヨタ自動車)

今やライバルは軽自動車となったこのクラス。普通車から軽へのダウンサイジングを阻止すべく、モード燃費の向上を徹底した。実燃費でも軽を凌ぐ可能性は高い。軽の自動車税が10800円に上がれば、1000ccクラスとの差額は年間2万円を切るため、優位性を主張できそう。女性向けのハナに用意されたツートーン塗装も軽に負けないための装いと言えるだろう。

■過去の記事
新車試乗記>トヨタ パッソ 1.0+Hana (2010年4月掲載)