Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 名古屋栄で「輸入車Showroom in オアシス21」を開催

名古屋栄で「輸入車Showroom in オアシス21」を開催

カテゴリ:イベント・フェア / 2012年06月22日

 
 

2012年6月16日、17日の両日、名古屋市の中心部、栄にある公園施設「オアシス21」で、中部経済新聞事業部が最新輸入車の展示会「輸入車ショールーム」(入場無料)を開催した。

オアシス21は公園、名古屋市バスターミナル、商業施設などを備えており、地下鉄や名鉄の駅がある栄の地下街に直結し、東側には愛知県芸術劇場もある。真ん中に「水の宇宙船」と呼ばれる大屋根があり、その下、半地下部分にイベントができる「銀河の広場」がある。

 

オアシス21ができて10年だが、ここでクルマの展示イベントが開催されるのは初めてのこと。ファミリーや若者が多く集まる場所ということで、今回は2000cc以下のおしゃれな輸入車が名古屋のディーラーから集められた。展示車両はアウディのA1、A3、TTロードスター、アルファロメオのジュリエッタ、ミト、シトロエンのC3、DS4、シボレー ソニック、フィアット500 ツインエア、プジョーの308、3008、ボルボのS60、V60、V50、MINIのクロスオーバー、クーペ、ルノーのウインド、カングーの計21台。

 

イベント初日は雨にたたられたが、翌日は天気も回復し、大盛況となったこのイベント、来場者からは「なかなかこれだけのクルマを見比べることはできないから良かった」「たまたま通りかかっただけだが、珍しいクルマに興味を惹かれた」といった声が聞かれた。出展ディーラーも、有料開催のモーターショーや輸入車ショーとはまた違った客層にアピールできたことで有意義だったようだ。

このようなイベントは来年以降もここで開催される予定だ。