Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、「パートナーロボット」の開発を発表

トヨタ、「パートナーロボット」の開発を発表

カテゴリ:イベント・フェア / 2004年03月11日

 
 

「二足歩行型」、「二輪走行型」、「搭乗歩行型」の3タイプ

20040312145316_1.jpg
「二輪走行型」。適応分野は「製造」「モビリティ(移動)」など。二足歩行型と異なり、高速移動が可能。高さ:1.0m、重量:35kg。

トヨタは2004年3月11日、開発を進めている「トヨタ・パートナーロボット」の概要について発表した。
「トヨタ・パートナーロボット」は、トヨタが自動車の開発・生産技術を使って開発している「人の役に立つロボット」。人のような身軽さ、柔らかさ、かしこさを兼ね備えるという。適応分野としては「アシスタント」、「福祉」、「製造」、「モビリティ」(移動)など。様々な機能を可能とするため、現在は「二足歩行型」、「二輪走行型」、「搭乗歩行型」の3タイプを開発中という。

愛知万博で公開予定

 
20040312145316_2.jpg
「二足歩行型」。適応分野は「アシスタント」「福祉」など。 人が親しみやすい二足歩行の形態で、手でいろいろな仕事をこなす。高さ:1.2m、重量:35kg。

今回発表されたロボットは人の唇の動きを実現する「人工唇」によってトランペットを演奏するほか、自動車メーカーならではの運動制御技術を応用した歩行能力、ないし走行能力を持つ。胴体の傾きを検知する姿勢センサーは自動車用センサー技術を応用。小型軽量・低コスト、高精度を実現したという。これらの開発成果は、2005年3月より開催される「2005年日本国際博覧会」のトヨタグループパビリオンで公開される。

 
20040312145316_3.jpg
「搭乗歩行型」。適応分野は「福祉」「モビリティ」。人を乗せてどこにでも移動できる。人が操る楽しさもある。高さ:1800mm、重量:75kg。