Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型車「ポルテ」発売

トヨタ、新型車「ポルテ」発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2004年07月26日

 
 

トヨタは2004年7月26日、助手席側をスライドドアとした新しいコンセプトの2BOXカー「ポルテ」を発売した。

助手席ドアをスライド式に

ポルテは助手席ドアをスライド式とした2ドア・ハッチバック。トヨタ・ラウムやシエンタ、ホンダ・モビリオ/モビリオスパイクなど、4ドアハッチバックのリアドアをスライド式にしたものは多数あるが、こうしたタイプはかなりユニークだ。

そのスライドドアは全車電動で、リモコン操作も可能。広い開口部(幅:1020mm、高さ:1265mm)や750mmmも前後にスライドする助手席シートを備えることで、前席はもちろん後席の乗降性を高いレベルで確保。荷物の積み降ろしもここからが便利という「何でもドア」、フラットな床による「ウォークイン・ウォークスルー」がコンセプトの柱だ。

全長4メートル未満ながら、広い室内

サイズは全長3990mm×全幅1690mm×全高1720mmで、シャシーはヴィッツ/ファンカーゴ/ラウム系。4メートルを切る短い全長ながら、アルファード並みの天井高やセルシオ並みの前後長によって広い室内空間を得たという。外観デザインは国内で行ったというが、欧州車風にスタイリッシュで未来的でもある。

想定ユーザーは20代、30代の男女や若いファミリーが中心というが、実際のところはマーケティングによるものではなく、提案型のクルマと言えるだろう。ポルテ(Porte)とは、フランス語で「扉」「ドア」の意。テレビCMでもこの助手席ドアが強調される。

販売はトヨタ店およびトヨペット店で、目標台数は4000台/月と意欲的だ。全車2WD(FF)の4AT仕様で、価格は1.3リッターの「130i」が138万6000円~149万1000円。1.5リッターの「150r」が157万5000円。

デイズのコメント

背の高いハッチバックのサイドをガバッと開けて便利に使う、というコンセプトは、20年以上前の初代プレーリー時代からあったのだが、助手席ドア自体をスライドさせたのはポルテが初めて。その点が偉いところ。ミニバンブームによって皆、スライドドアの便利さを知ったはずなので、もはや何の抵抗も無いと思う。また、車椅子がそのまま乗り込めるウェルキャブがすでにあるなど、この斬新なボディを使った様々な副産物ができそうなのも今後の楽しみだろう。

(写真:DAYS)