Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、「新型プリウス」発売

トヨタ、「新型プリウス」発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2003年09月01日

 
 

トヨタは2003年9月1日、ハイブリッド車「プリウス」を6年振りにフルモデルチェンジして発売した。動力性能を大幅に高めたほか、ステアリング操作自動の駐車アシスト機能など、新機軸を満載している。

エコとパワーを両立

97年発売の初代プリウスは世界初の量産ハイブリッド車。この6年間の累計販売台数は世界全体で12万台を越えたという。ハイブリッド車普及の先陣を担ってきたモデルだ。

新型プリウスは、エコロジーとパワーを両立する「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」をコンセプトに開発。従来システムを進化させた「THS II」により、世界最高レベルの10・15モード燃費:35.5km/リッターを実現すると共に、先代よりパワフルな走りを実現。エンジンは72psから77psへ、モーターの方は45psから68psへと1.5倍にアップ。実質的な動力性能を大幅に高めることで、2.0リッターエンジン並みの発進・追い越し加速を得たという。

車庫入れ自動、EVモードの追加、「S-VSC」・・・

縦列駐車や車庫入れ時のステアリング操作を自動で行う、世界初「インテリジェントパーキングアシスト」も大きな話題だ。さらに、「EVドライブモード」の設定により、数百メートルの距離なら時速55km/hまでモーターのみで走行可能とした。早朝・深夜の自宅周辺で静かに走行したい時に威力を発揮する。目立たないところでは電動パワステや電子制御ブレーキと協調して走行安定性を高める「S-VSC」も新しい。

外観はノッチバック風セダンから、モノフォルム風の5ドアに変身。サイズは全長4445×全幅1725×全高1490mm。全長で135mm、幅で30mm大きくなり、ホイールベースは150mm伸びた。これにより、Cd値:0.26と快適なキャビン、460リッターの荷室(従来比+70リッター)を確保している。

センターメーターを踏襲した操作系は、さらに機能性をアップ。ステアリング上にスイッチを配置した他、シフトレバーに指先で軽く操作できる電子制御式を採用(日本初。他にはBMWの7シリーズがある)。始動の際はリモコンキーをスロットに差し込み、「POWER」スイッチを押す。

目標販売台数は3000台/月。従来のトヨタ店に加えて、新型はトヨペット店でも扱う。北米では来月10月から、欧州では11月からと、海外でも順次発売される予定。価格は215~257万円。

デイズのコメント

ハイブリッドが凄いのはわかっていた話だが、自動車庫入れができるのはクルマの自動運転への扉を開いた、という意味で意義深い。試してみたが、結構使える。カメラの画像から進行位置を計算するというハイテク(細かいワザ)は、日本でしかできないだろう。急な坂道では使えないらしいが(画像がゆがむから)。