Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型プリウスを発売

トヨタ、新型プリウスを発売

カテゴリ:新車 / 2009年05月18日

 
 

3代目は全チャンネルで販売

トヨタ自動車は2009年5月18日、新型プリウスを発表・発売した。

すでに8万台の受注を抱える新型プリウスの大きな特徴は「圧倒的な環境性能」と「走る楽しさ」の両立だ。東京のメガウェブでの発表会には渡辺社長ではなく豊田副社長が代表として登場。「3代目は走りを楽しめるハイブリッド車。幅広い層に支持されるはず」と説明。トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全チャンネルで販売することも、「ハイブリッドカーは(単なるクルマではなく)すでにエコシステムであり、その意味では日本のどこでもサービスがうけられる安心感を出すため」とした。

10・15モード燃費は最高で38.0km/L


(photo:トヨタ自動車)

ボディサイズは全長4460mm(+15)×全幅1745mm(+20)×全高1490mm(同)と先代と大差なし。ホイールベースは変わらず2700mmだ。

エンジンは従来までの1.5リッターから1.8リッター(99ps、14.5kgm)に排気量が拡大され、一基のモーター(82ps、21.1kgm)と組み合わされる。トータルで発揮されるシステム出力は136psだ。全体の90%以上が新開発されたというハイブリッドシステム「THS II」には、新たにリダクション機構が追加されている。10・15モード燃費は上級グレードで35.5km/L、エントリーグレードで38.0km/Lとなっている。

ソーラーパネルで換気し、車外から電動エアコンを操作


(photo:トヨタ自動車)

今回のプリウスで素晴らしいのは、快適装備の充実だろう。ソーラーパネルで発電して室内換気を行う「ソーラーベンチレーションシステム」装備車では、外気温30度Cで室内温度80度Cの場合、室内温度を20度Cほど下げられる。さらに車外からリモコン操作できるバッテリー駆動のエアコンで15度Cほど下げることで、最大35度C程度下げられるらしい。これなら夏場も相当楽なはずだ。

 

ステアリングのスイッチ類がタッチセンサーになっており、その操作がセンターメーター内に表示される「タッチトレーサーディスプレイ」も便利そう。発熱の少ないLEDヘッドライトには降雪時に備えてウォッシャーも備わる。またレーダークルーズ&プリクラシュセーフティも用意されているから、「未来のクルマ」感もたっぷりある。身障者用のフレンドマチック取り付け車には、車いすをルーフに自動収納できる「ウェルキャリー」が用意されている。

205万~327万円で、目標は月販1万台


(photo:トヨタ自動車)

豊田副社長は、「クルマ作りと併せてプリウスカップを行うなど、ユーザーとクルマとの距離を縮める活動を行って、自動車文化というものを育てて行ければ幸せだ。環境車でもクルマのワクワク感を出して、日本から世界に誇れる自動車文化の発信ができれば」とした。ライバル車との違いは、プリウスが単なるエコカーではなくクルマ好きでも乗れる次世代自動車である、と強調したのが印象的な発表会となった。

価格は205万~327万円で、販売目標台数は月間1万台。生産はトヨタ自動車の堤工場(愛知県豊田市)およびトヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)で行われる。

デイズのコメント


(photo:トヨタ自動車)

インサイトに圧倒的な差を付けていることは間違いない。その上で当初の予定価格を引き下げたことにより、買う側のお得感は相当に増している。となれば、ぜひ全てのオプションを装備し、最も進化したクルマとして乗りたいと思う。クルマが生き延びる道のひとつを提示しているという点で、やはりプリウスは偉大だ。