Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > スバル、「R1」発表

スバル、「R1」発表

カテゴリ:新車 / 2004年12月28日

 
 

2名乗車を基本とした新型軽乗用車

富士重工業は2004年12月24日、新型軽自動車スバルR1を発表した。2005年1月4日より発売する。

R2の3ドアクーペ版

スバルR1は2名乗車を基本とした軽乗用車のパーソナルカー。前席スペースを重視しながら後席は補助と割り切ったパッケージング、いわゆる2+2(ツー・プラス・ツー)とすることで、軽自動車離れした卵形のスタイリッシュなシルエットを得た。ボディサイズは全長3285mm×全幅1475mm×全高1510mm。全長が軽自動車枠(3400mm)より115mm短いのが特長だ。

成り立ちとしては、1年前に発売されたR2の3ドアクーペ版と言える。しかし全長は110mmも短く、ホイールベースはさらに165mmも短い。各部のデザインモチーフはR2を踏襲するが、そのほとんどが専用品だ。大きく傾斜した小さめのリアゲートは樹脂製で、軽い衝撃なら復元性があると言う。サスペンションはもちろん4輪ストラットの独立だ。

質感の高いインテリア

インテリアの基本骨格はR2と同じだが、斬新なデザインの三眼独立式メーターはR1のオリジナル。オプションでレザー&アルカンターラ内装を用意するなど、内外装の質感はリッターカーを凌ぐほど高い。助手席シートの背もたれを前に向けてフラットに倒せるなど、パッケージングにも工夫が凝らされる。

駆動系はNA4気筒+CVT

パワートレインはR2の「R」グレードと同じ660cc自然吸気直列4気筒(54ps、6.4kgm)+CVTの1種類のみ。スーパーチャージャーエンジンは(今のところ?)用意されない。FF車に加えて、ビスカス式のAWD(全輪駆動)を用意するところがスバルらしい。車両重量はFF車で800kg、AWDで840kgとR2とほぼ同じ。「大人のクルマにふさわしいレベルの静粛性」を確保するため、制振材や吸音材の最適配置やドアシールの二重化など静粛性には気を配ったという。パワステはR2同様、電動パワステだ。

販売目標は800台/月。価格はR1R(2WD)が126万円、R1R(AWD)が136万9200円。

http://www.subaru.jp/