Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型 RAV4 発売

トヨタ、新型 RAV4 発売

カテゴリ:新車 / 2005年11月14日

 
 

TOYOTAはコンパクトSUVのRAV4をフルモデルチェンジして2005年11月14日に発売した。1994年の誕生以来、これが3代目となる。

SUVのグローバルカー

1994年に誕生してから2000年発売の2代目を経て、3代目となったRAV4。累計生産台数200万台の実績や、欧州や北米など海外市場での好調を背景に、新型ではプラットフォームを新開発。パワートレインやサスペンションを一新するなど見えない部分で抜本的な改良が施された。

見えない部分で進化

初代からビスカスカップリングによるフルタイム4WDを採用してきたRAV4だが、今回はついに電子制御による「アクティブトルクコントロール4WD」を新採用。上級グレードでは、S-VSCと協調制御する「S-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御」を設定し、オフロードからオンロードまでの走破性と走行安定性を確保したという。

2.4リッター直4+CVT

パワートレインは1種類で、既存の「2AZ-FE」を大幅に改良した2.4リッター直列4気筒エンジン(170ps)と7速マニュアルモード付き Super CVT-iの組み合わせ。これに4WDの電子制御化や電動パワステの採用も加わり、10・15モード燃費は2WDで13.4km/L、4WDで 12.8km/Lを達成した。

ボディサイズは世界水準に

スタイリングは2代目RAV4の正常進化だが、ボディサイズ(カッコ内は従来比)は全長4335mm(+180)×全幅1815mm(+80)×全高1685mm(-5)と一気に大型化。ただし最小回転半径は5.1m(-0.2)と従来より抑えられている。

販売は世界41ヶ国とネッツ店で

月間目標台数は2000台。販売は今回からトヨタカローラ店の扱いがなくなり、ネッツ店の専売となる。海外では従来と同じ41ヶ国で発売。世界を舞台に、日産エクストレイル、ホンダCR-V、スバルフォレスター、三菱アウトランダー、スズキ・エスクードなどがライバルとなる。

DAYSのコメント

国内は年間2万4000台だが、海外では年間30万台を販売するということで、欧米中心の海外市場を考慮したサイズ(全幅1815㎜、「SPORT」では 1855mm)になった3代目。もはやライトクロカンとは言えないが、その分、室内は広く快適にはなっている。何より電動パワステ、VSC、ABS、 TRC、さらに電子制御カップリングまでを統合制御してオンからオフまでの挙動安定をはかったことは、ハイテクトヨタらしいアドバンティッジだ。ただ、スタイリングがおとなしいのは評価が分かれるところかもしれない。

(photo:DAYS)