Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型車「カローラ ルミオン」を発売

トヨタ、新型車「カローラ ルミオン」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2007年10月09日

 
 

トヨタは2007年10月9日、新型車「カローラ ルミオン」を発売した。カローラシリーズではあるが、事実上は初代bB(サイオンxB)の後継車にあたる。報道発表会が行なわれたトヨタ博物館(愛知県長久手町)から速報。

オーリスベースの2代目bB

「デカbB」と各誌でスクープされてきた通り、カローラ ルミオンのスタイルは初代bBをそのまま大きくした感じ。事実、米国Scionブランドでは2代目「xB」として販売されている。

プラットフォームはオーリス直系で、リアサスがトーションビーム式(4WD車はダブルウイッシュボーン)なのも同じ。1.5/1.8リッター直4+CVT(無段変速機)も共通だ。そこに箱型ボディを載せたのがカローラ ルミオン、ということになる。カローラシリーズはこれでセダンのアクシオ、ワゴンのフィールダー、箱型ハッチバックのルミオンと3種類になった。なおアクシオとフィールダーのプラットフォームは5ナンバー車用の別物である。

scion.com http://www.scion.com/#xB

長さと幅もオーリスとほぼ同じ

全長4210×全幅1760×全高1630mm、ホイールベースは2600mm。つまり高さ以外は、オーリスとほぼ同じ。車重は数十kgほど重いだけで、乗車定員は5人だ。

旧bBで好評だったセンターメーターは、左から横一列にアナログ式の水温計、燃料計、回転計、そしてデジタル式の速度計が並ぶものに進化。後席の座面下には、靴や傘が入る収納スペースを確保。天井にはブルーのLED照明、荷室にはアンプ内蔵のサブウーハーが埋め込まれる。サイド&カーテンシールドエアバッグは全車標準だ。

発表会場では簡単な試乗を行なわれた。運転感覚は基本的にオーリスに近いが、車重が増えたせいか全体にずっしりしっとりとした感じ。1.5に比べて、1.8の電動パワステがかなり重めなのが印象に残った。

ゴツンと月間3500台

「ルミオン(Rumion)」とはルーミー(Roomy)とユニーク(Unique)からの造語とのこと。広告コピーは「ゴツンとルミオン」。生産は関東自動車工業の岩手工場(岩手県胆沢郡金ケ崎町)。販売目標台数は月間3500台で、取扱いはトヨタカローラ店。価格は168万(1.5リッター「X」)~231万円(1.8リッター4WD「S エアロツアラー」)。

DAYSのコメント

アクシオとフィールダーだけでは販売1位の座が危ういカローラに、救世主として追加されたユーティリティワゴン。新型bBはちょっと子供っぽくなってしまったが、ルミオンは「デカbB」と呼ぶに相応しいコンセプトゆえ、乗り換えを渋っていた年配層の需要にも応えられそう。老いも若きも道具的に使えるだけに、ヒットは間違いないところだ。ただ、3.5リッターV6まで載るオーリス/ブレイド系のプラットフォームゆえ、ロングノーズとなってしまい、デザイン的に間延びしてしまったのを残念に思う人は少なくないだろう。

(Photo:DAYS)

トヨタ>カローラ ルミオン http://toyota.jp/corollarumion/index.html

プレスリリース(07年10月9日)http://www.toyota.co.jp/jp/news/07/Oct/nt07_062.html