Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型車「SAI」を発売

トヨタ、新型車「SAI」を発売

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2009年10月20日

 
 


トヨタは2009年10月20日、新型ハイブリッド車「SAI(サイ)」を発表し、受注を開始した。正式な発売は12月7日からとなる。名古屋・ミッドランドスクエアで行われた新型車説明会からリポート。

スペックはHS250hとほぼ同じ

レクサスHS250hのトヨタブランド版と言えるSAI。そのハイブリッドシステムは両車共通で、もとはと言えば北米向けカムリ・ハイブリッド由来となる2.4リッター直4エンジン(150ps、19.1kgm)+モーター(143ps、27.5kgm)となる。10・15モード燃費もHS250hとまったく同じ23.0km/Lだ。

 

全長4605mm×全幅1770mm×全高1495mmというボディサイズは、HS250hより95mm短く、15mmスリムで、10mm低いだけ。パッケージングはもちろんのこと、ボディ外板など大物パーツのデザインもよく似ており、両ブランドにおける差違は少ない。

改良型リモートタッチを採用

もちろんHS250hとの細かな違いはいくつかある。中でも目立つのがレクサスRXやHS250hに採用された「リモートタッチ」がSAIでは早くも改良型となったこと。今までは手のひらで動かしていたパッド部分のデザインが変更され、指先で動かしやすい凹凸のある形状になった。また地図の拡大・縮小などを行うボタンもダイアル式になっている。リモートタッチありきのインパネと操作系ゆえ、HDDナビは全車標準だ。

販売は全チャンネルで。価格は338万~426万円

販売はプリウス同様、レクサス以外の全チャンネル(トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店)で行われる。月間販売目標は3000台で、これはHS250h(500台)の6倍、プリウス(1万台)の約3分の1だ。トヨタのお膝元である中部地区では、そのうちの23%である690台を目標とする。

 

生産はHS250hやRXシリーズと同じトヨタ自動車九州(株)の宮田工場。輸出予定はなく、国内専用車とのことだ。

価格は338万円(標準モデルのS)~426万円(G “ASパッケージ”)。単純比較では、HS250h(395万~535万円)より60万~110万円ほど安い。

 

デイズのコメント

重厚感を出さざるを得ないHS250hに対して、SAIの走りは軽快だという。であれば早く欲しいものだが、プリウスやHSが来年5月以降しか納車できないとされている以上、それより早くの納車はバッテリー供給などの関係上、難しいだろう。新型車を半年待つ、なんてことが多くの人に出来るのだろうか。

それはそうとして、人差し指と中指で挟むようにしてコントローラーを動かす新型リモートタッチは、レクサスのものよりさらに使いやすくなっている。これも早く路上で試してみたいものだ。