Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、新型セレナを発売

日産、新型セレナを発売

カテゴリ:新車 / 2005年05月31日

 
 

日産は2005年5月31日、3列シートミニバンの「セレナ」をフルモデルチェンジして発売した。

SHIFT_ capacity

セレナは3列シートと両側スライドドアを持つ、5ナンバーサイズのファミリー向けミニバン。元々はセミキャブオーバー・FR駆動の「バネットセレナ」が始まりだが、2代目から現在主流の前輪駆動ベースとなった。先週発表された新型ホンダ・ステップワゴン(3代目)、クラスリーダーであるトヨタのノア/ヴォクシーが直接のライバルだ。

3代目となる新型セレナは「SHIFT_ capacity」(1BOXの可能性をシフトする)をテーマに、機能面で完成していた先代をおおむね踏襲。「シュプールライン」と呼ばれる曲線を持つサイドウインドウを除けば、デザインもオーソドクスにまとめられた。ユーザーの好みに応じて、落ち着き重視の20G/20S系(写真上)、スポーティな20RX/20RS系(写真下)という、2つの外観デザインを用意する。

「インカーホン」を用意

特徴として日産が挙げるのは、「見てBIG」「さわってEASY」「使ってFUN」の3つ。「見てBIG」は、広い室内空間や見晴らしの良い大きな窓、「さわってEASY」は操作しやすいシートアレンジ、乗り降りのしやすさ、あるいはラフェスタ同様に指先で操作できる電制パワーアシストシフトを指す。

最後の「使ってFUN」では、1列目と3列目に専用マイクとスピーカーを設け、走行中の会話を助ける「インカーホン」(車内会話補助装置)という装備(オプション)が面白い。一般的なクルマでは、おそらく初の装備だ。

車台はラフェスタからの派生

車台は、さかのぼればルノー・メガーヌの「Cプラットフォーム」、つまりは日産ラフェスタのものをベースに、サブフレームやサスペンションを新規としたもの。

エンジンは全車に新世代2リッター「MR20DE」を採用し、変速機も2WD/4WD共にエクストロニックCVTで統一される。販売目標台数は6000台/月。価格は210万~266万7000円(4WD含む)。

日産公式サイト
日産公式サイト・プレスリリース

DAYSのコメント

長年のワンボックス愛好者の目で見ると、かゆいところに手が届く仕様なのがよく分かる。シートアレンジは考えつく限りの方法が盛り込まれ、3列目が古典的な跳ね上げ収納(スプリング・スライド機能付き)なのも納得できるところ。全席にピクニックテーブルがあるのもうれしい。とはいえ、1列目と3列目が対話できるインカーホンが新しい他は、特に画期的と思える部分はない。いいところだけをきれいにまとめた超優等生的ワンボックス型ミニバンだ。お買い得であることは確か。

(photo:DAYS)