Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > ホンダ、新型「シャトル」を発売

ホンダ、新型「シャトル」を発売

カテゴリ:新車 / 2015年05月15日

 
 

ホンダは2015年5月15日、新型コンパクトステーションワゴン「Shuttle(シャトル)」を発売した。ボディサイズは従来のフィットシャトルと同等ながら、荷室スペースを拡大。フィットハイブリッドと同じ1.5Lガソリン+7速DCTのハイブリッド車を主軸に、1.5L直噴の純ガソリン車も用意する。中部地区での発表会が行われたウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区)からリポート。

現行フィットがベース。ボディサイズは先代シャトルと同等

新型シャトルは、現行フィットをベースに開発された小型ワゴン。全長4400mm×全幅1695mm×全高1545mm(FF)/1570mm(4WD)というボディサイズは、先代フィットシャトルと同等。ホイールベースは先代シャトルより30mm長く、現行フィットと同じ2530mmになる。

 

(photo:Honda)

外観に関しては、フロントフェンダーとフロントドアのみ現行フィットと共有するが、それ以外はシャトル専用。フロントフェイスは最近のホンダ車に共通する「ソリッド・ウイング・フェイス」になり、インラインタイプのLEDヘッドライト(ハイ/ロー共にLED)を上級グレードに標準化している。

 

ボディ全体としては、先代フィットシャトルに加えて、その前身であるエアウェイブの後継モデルでもあるため、流麗なルーフラインを備えたスタイリッシュなフォルムになっている。

インパネやセンターコンソールもシャトル専用にデザイン


(photo:Honda)

月販目標3000台の国内専用車ながら、インパネやセンターコンソールもシャトル専用品。インパネセンターには大型タッチモニターを装着することが可能で、ナビ・オーディオはメーカーOPの7インチインターナビか、あるいはディーラーOPであれば8インチも装着できる。

運転席と助手席の間にはハイデッキセンターコンソールを採用(中は空洞で小物入れ)。ヴェゼルなどと同様、包まれ感のあるパーソナルな前席空間になっている。パーキングブレーキは足踏み式。

荷室容量は約1割アップ。車中泊もいけそう


(photo:Honda)

荷室容量(床下スペースを含む)は、従来シャトルの517Lから約1割(53L)増しの570Lになった。これは同クラスで最大と言える容量で、掛け値なしに巨大。後席背もたれを倒せば、荷室長は最大で184cmに及ぶという。ほぼ完全にフラットになるので、車中泊もOK。販売店オプションで荷室フロアにぴったり収まるマットも用意されている。

 

新採用の「マルチユースバスケット」。不要な時は畳んでおける
(photo:Honda)

荷室の工夫で面白いのは、後席背もたれの裏(荷室側)に、小物などを置ける折畳式の「マルチユースバスケット」を用意したこと(上位グレードに標準装備)。また、荷室床下には汚れにくい樹脂素材の「ラゲッジアンダーボックス」が備わる。

 

ハイブリッドシステムはフィット用と同じ


本田技研工業 執行役員 日本四輪生産統括責任者の可知浩幸氏

グレードは純ガソリン車が1つ、ハイブリッド車が3つの計4種類。純ガソリン車は1.5L 直噴(132ps、155Nm)+CVT(無段変速機)で、ハイブリッド車には現行フィットハイブリッドと同じ1.5L アトキンソンサイクル、7速DCT、モーター、リチウムイオン電池で構成される「スポーツハイブリッド i-DCD」(システム最高出力137ps)が搭載される。

 

ちなみに、ヴェゼル ハイブリッドやジェイド ハイブリッド用の、1.5L 「直噴」エンジンを使ったスポーツハイブリッド i-DCDの場合、システム最高出力は152psと、よりパワフルだが、新型シャトル ハイブリッドは車重も軽いため(FF車で1190~1240kg)、燃費のいいアトキンソンの方で十分と判断したとのこと。その結果、JC08モード燃費はハイブリッドのFF車で29.6~34.0km/Lを達成している。

上位グレードに振幅感応型ダンパーを採用


いつものように名古屋城周辺でプチ試乗。4名乗車にも関わらず、出足から軽々と走るのが少し意外だった。乗り心地も開発スタッフの主張通り、後席でも良かった

足回りに関しては、フィットやヴェゼルと同形式のサスペンションながら(前がマクファーソンストラット、後ろがFF車の場合は車軸式)、ハイブリッド車の上位グレードに振幅感応型ダンパーを採用するなど、各部を見なおして乗り心地の上質感を向上させたという。

また、静粛性を上げるため、遮音樹脂層を挟んだ遮音ガラスを使ったフロントウインドウ、吸音タイプのフロアアンダーカバーなども採用されている。

 

Honda SENSINGの採用は見送る

先進安全装備については、約30km/h以下で自動ブレーキを作動させるシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)、前席サイドエアバッグ、カーテンエアバッグをセットにした「あんしんパッケージ」を全車に設定(標準装備ないしオプション設定)。

その一方で、現行レジェンド、ジェイド、ステップワゴン、オデッセイ(マイナーチェンジモデル)で採用されている、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用したHonda SENSING(ホンダ センシング)は未採用。主に価格面から、今回は採用を見送ったという。

■外部リンク
ホンダ>Honda SENSING

ハイブリッド車が199万円~。目標は月3000台

価格はハイブリッド車が199万~254万2000円、純ガソリン車が169万~188万4400円(いずれも4WD車を含む)。なお、5ナンバーワゴンクラスのハイブリッド車としては、初めて4WD(ビスカスカップリング式)が設定されたのも売りの一つとのこと。

新型シャトルは国内専用車であり、生産は埼玉製作所の寄居工場で行われる。月販目標台数は3000台。うち9割はハイブリッドと見込まれている。なお、東海3県の目標は計320台(うち愛知県は180台)で、静岡県は110台、北陸3県は計110台。

 

DAYSのコメント


発表会冒頭のコンセプト紹介では、初代シビックシャトル(1983年)の姿もチラリ

ハイブリッド車でも199万円からあり、5ナンバーのステーションワゴンで、全高の点でも立体駐車場利用可能となれば、ホンダの言うとおり、向かうところ特に競合車なし。チョイノリ試乗では、足の柔らかな動きも確認できて好印象だったが、昔のシビック シャトル、あるいはさらにその先祖のシビック カントリーのように、もうちょっと道具感のあるデザインだと、より良かったかも。このクルマのボディサイドにウッドパネルは似合わない。

 

初代ホンダ シビック シャトル
(photo:Honda)

■外部リンク
ホンダ>リリース>新型「SHUTTLE」を発売(2015年5月15日)

■参考記事
新車試乗記>ホンダ フィット シャトル ハイブリッド(2011年8月掲載)