Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、シエンタ発売

トヨタ、シエンタ発売

カテゴリ:新車 / 2003年09月29日

 
 

トヨタ自動車は、7人乗りのコンパクトミニバンとなる新型車「シエンタ(SIENTA)」を、2003年9月29日に発売した。

コンパクトながら7人乗り

シエンタはボディ前半部をラウム(ヴィッツ系)、後半部はスパシオ(カローラ系)のプラットフォームをベースとして開発された7人乗りコンパクトミニバン。全長4100mmに対して、ホイールベースは2700mmと異様に長く設定(ちなみにホンダ・モビリオは4055mmに対して2740mm)。2列目床下に収納可能な3列目を無理なく設置するため、「おそらく世界で一番薄い」(開発スタッフ)と言われる燃料タンクを床下に配する。全幅は1695mm、全高は1670mmだ。

両側スライドドアを採用

リアのドアはモビリオと同様に両側スライドドアを採用。左側は電動タイプも設定。イージクローザーも中間グレード以上に標準装備する。

3列目へのアクセス性確保するため、「片手でポン!」をキーワードに2列目シートを簡単にスライド可とした。3列目は2アクションで2列目下に収納できる優れもので、「どこかで見たことがある…」と思ったら、ファンカーゴの2列目ほぼそのものという。確かに3列目の居住性はこのクラスのミニバンとしてかなり優れたものだ。

徹底的にフリクション低減を狙った1.5リッターエンジン「1NZ-FE」(2WDで110ps)と、トヨタの1.5リッターとしては初となるCVT(2WD車)、そしてCd値0.30というミニバンとしては優れた空力特性によって、クラス最高の10・15モード燃費となる19.0km/リッターを達成。モビリオの18.2km/リッターを上回る。

シエンタという名はスペイン語の「7」(sieste)と英語の「楽しませる」(entertain)を合わせた造語。価格は2WD(全車CVT)が137〜165万円。4WD(全車4AT)が168〜184万円。販売目標は7000台/月。立ち上がり1ヶ月は「1万5000台を目標にしたい」(トヨタ自動車)という。ライバルはもちろんホンダ・モビリオ、そして日産キューブキュービックだ。

デイズのコメント

またひとつ、売れ行きトップ10に食い込む可能性のあるクルマが登場した。子育てお母さんのクルマと絞り込み、このサイズでもチャイルドシート2個を常設して大人が4人乗れるわけで、女性ドライバーがメインで乗るファミリーカーとして絶対需要は大きい。

ライバルであり先行コンセプト車であるホンダ・モビリオは、都会派で洗練されたイメージゆえ売れ行きはそこそこだが、シエンタは見事に大衆派。10人中8人が悪くないという作りで、価格面でも割安感が高いとなると、爆発的に売れるはずだ。