Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 新型スマート・フォーツー クーペ/カブリオを発売

新型スマート・フォーツー クーペ/カブリオを発売

カテゴリ:新車 / 2007年11月10日

 
 

東京モーターショー2007に出展された新型フォーツークーペとフォーツーカブリオ

ダイムラー・クライスラー日本(07年11月1日以降メルセデス・ベンツ日本へ社名変更)は、「スマート フォーツー クーペ」と「スマート フォーツー カブリオ」をフルモデルチェンジし、10月24日から予約受付を開始した。デリバリーは08年1月頃を予定する。

一回りサイズアップ、1リッター3気筒エンジンを採用

新型は日本国内で00年に正規導入された初代のコンセプトを引き継ぎつつ、ボディからエンジンまですべてを一新。ボディサイズ(先代比)は全長2720(+180)×全幅1560(+45)×全高1540mm(-10)、ホイールベース1865mm(+55)と一回り大型化。サイズアップは室内スペースの拡大や、衝突安全性能の向上のために使われている。トランク容量も先代の150リッターから220リッター(ルーフまで積めば340リッター)に拡大された。

パワーユニットには新開発の999cc・3気筒自然吸気エンジン(71ps、9.4kgm)を採用。従来の698ccターボエンジンより出力・トルクをアップし、最高速を145km/h(リミッター作動)に向上させつつ、18.6km/Lの10・15モード燃費を達成。カムシャフトはタイミングチェーン駆動となっている。変速機は6速セミATから、同じく2ペダル式ながら1段少ない5速セミATを採用。もちろんRR(リアエンジン・リア駆動)となる。

カブリオは電動フルオートソフトトップを採用

フォーツー カブリオには、フルオートマチックで開閉可能な電動ソフトトップが採用された。リアウインドウは熱線入りガラス製となり、後方視界を向上させている。ディタッチャブル・ルーフフレームを外せばフルオープンにすることも可能だ。

ボディカラーは6色から選択可能。先代同様、「トリディオンセーフティセル」部分はシルバーのみとなる。全車右ハンドルで、価格は以下の通り。

■フォーツー クーペ  176万円
■フォーツー カブリオ 205万円

http://www.smart-j.com/

smart正規販売店の情報はこちら

(photo:DAYS)