Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > スバル、同社初のハイブリッド車「XV ハイブリッド」を発売

スバル、同社初のハイブリッド車「XV ハイブリッド」を発売

カテゴリ:新車 / 2013年06月24日

 
 

富士重工業は、同社初のハイブリッド車「スバル XV ハイブリッド」を6月24日に発売した。特別内示会が行われた名古屋スバル自動車の本社ショールームからリポート。

主役はあくまでエンジン

「XV ハイブリッド」に搭載されたハイブリッドシステムは、ハイブリッド用に改良された2リッター水平対向4気筒エンジン(150ps、20.0kgm)とスバル独自のシンメトリカルAWDシステムに、モーター(13.6ps、6.6kgm)と駆動用バッテリー(ニッケル水素)を組み合わせたもの。一つのモーターで発電および駆動を行う、いわゆる1モーター式のハイブリッドになる。

 

ハイブリッドレイアウトイメージ
(photo:富士重工業)

トランスミッションはガソリン車同様、トルコン付のCVT。モーターはこのCVTの後端に内蔵され(つまりエンジンとは直接つながっていない)、エンジンおよびモーターによるハイブリッド走行だけでなく、モーター単体による走行(EV走行)も可能とする。その点ではプリウスのようなシリーズ・パラレル式ハイブリッドだが、モーター出力の小ささからも分かるように、主役はあくまでエンジン。ハイブリッド化による恩恵は、主に発進時や加速時にモーターによって上乗せされるトルクとして得られる。また、エンジンが苦手とする低回転域をモーターで補うことでJC08モード燃費は20.0km/Lを達成し、ガソリン車のXV(15.8km/L)を3割弱ほど上回った。

 

発進&低速走行時(EV走行時)のシステム制御イメージ
(photo:富士重工業)

ハイブリッド化による重量増は120kgだが、駆動用バッテリーをトランクルーム床下に低く配置することで、ベース車と同等の重心高や良好な前後重量配分を実現。これに、もともと左右の重量バランスに優れるシンメトリカルAWDレイアウトの良さも相まって、高い運動性能を実現したという。

乗り心地や静粛性もアップ


スバル XV ハイブリッド
(photo:富士重工業)

XV ハイブリッドは、XVシリーズのトップグレードという位置づけで開発されており、乗り心地や静粛性もガソリン車より強化。乗り心地に関しては、微小ストローク域でもダンパーの減衰が働くフリクションコントロールダンパーを採用し、しなやかさを向上。静粛性については、もともとハイブリッ車は走行音が静かでノイズが気になりやすいため、遮音材や吸音材を追加している。また、ハンドリングに関しても、ステアリングギア比がクイック化された。

 

写真はアルカンターラの電動シートを装備した2.0i-Lの内装

内外装については、一部にハイブリッド専用の意匠を採用。青みがかったヘッドライトやリアコンビランプ、ブルー基調のメーター、ハイブリッドシステムの動作状況を表示する専用ディスプレイ、新デザインのアルミホイール、そして「HYBRID」バッジなどがそうで、床下には大型フロアアンダーカバーを採用して空力性能も高めている。ボディカラーは全9色で、ハイブリッド専用色としては「プラズマグリーン・パール」が用意された。

価格は249万9000円~。ハイブリッドは実質、ガソリン車の約20万円高


荷室フロアが高めな分、後席の背もたれを倒した時もフラット

好評のアイサイトについては、「ハイブリッド対応EyeSight(ver.2)」をトップグレードに標準装備。これは、全車速追従機能付クルーズコントロール作動時に、EV走行を最大限に活用して実用燃費を良くする「ECOクルーズコントロール」を備えたもの。ただし、アイサイト装着車のデリバリーについては、一ヶ月ほど遅れる模様。

価格は標準グレードの「2.0i」が249万9000円、HIDヘッドランプや電動アルカンターラシート等を標準装備した「2.0i-L」が267万7500円、「2.0i-L アイサイト」が278万2500円。

 

ガソリン車にあった大型サブトランクが小型になり、代わりにニッケル水素電池を搭載

おおむねガソリン車より30万円ほど高いが、エコカー減税(自動車取得税および重量税)がガソリン車の50%減税に対して、ハイブリッドは100%減税になるので、実際には20万円アップ程度に留まる。

販売目標は月間550台だが、すでに先行受注で計画を大幅に上回っているとのこと。

デイズのコメント

チョイ乗りした感じでは、トルク感がアップして、乗り心地には重厚感も出た。回生ブレーキの効果もあってか、アクセルオフ時に転がりすぎる感覚もない。つまりXVのガソリン車にあった不満はなくなり、燃費も2、3割はアップしているはずなので、日本車ではトップクラスに位置するクルマになったと思う。SUVでAWD、アイサイト、国内最高レベルのクラッシュセーフティボディ、これにHVが加わったわけで、いよいよ全部載せ状態。価格からして、ゴルフ7とどっちを選んだらいいか、究極の選択だろう。