Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 日産、ティアナをフルモデルチェンジ

日産、ティアナをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 / 2008年06月02日

 
 

日産自動車は2008年6月2日、FFラージセダンの「ティアナ」を5年4ヶ月ぶりにフルモデルチェンジして発売した。東海地区でのデビューイベントが行われた日産 名古屋ギャラリーから。

変速機を全車CVT化して燃費を向上

新型ティアナは先代同様、モダンなデザインや広くて快適な室内空間を備えた前輪駆動ベースの大型ミドルクラスセダンだ。今回は、「SHIFT_hospitality」 (おもてなしをシフトする)をうたう。

そのプラットフォームは国内では初(海外ではアルティマ/マキシマ、ムラーノ等で先行)の「D-プラットフォーム」を採用。パワートレインは改良型の3.5リッターV6「VQ35DE」(252ps、34.2kgm)+CVT、および従来の2.3リッターV6+4ATに代わる2.5リッターV6「VQ25DE」(185ps、23.7kgm)+CVT、そして4WD用の2.5リッター直4「QR25DE」(167ps、24.5kgm)+CVTの3種類。いずれも「エクストロニックCVT」の全面採用により、燃費性能を改善したのがポイントだ。主力である2.5リッターV6の場合、10・15モード燃費は12.0km/Lとなっている。

なお3.5リッター用のエクストロニックCVT-M6では、6速MTモード時にブリッピングで回転合わせを行うシンクロレブコントロールが働くようになった。

フワフワ感でリビングルーム感覚を追求

エクステリアに関しては4850mmと堂々たる全長、1795mと国内市場を意識して抑えた全幅、弧を描くキャラクターライン等が主な特徴となるが、外観以上に個性的なのが、やはり先代同様にインテリアだ。特にシートは、形状こそ一般的なものだが、3層構造の振動吸収ウレタンを使ったことでかなりソフト。固めのシートが多い昨今、このフワフワ感は異色と言える。

 

(photo:日産自動車)

こうなると静粛性もリビングルーム並みを狙いたいところで、6点式エンジンマウント(V6エンジン)でエンジン音を抑えたほか、制振・遮音対策を入念に施したという。またフロント側が電動で開閉、リアが固定というダブルサンルーフ(外から見ると全面ガラスルーフ)も、このクラスの国産車では目新しい。

目標販売台数は月間1000台。価格は3.5リッターV6の「350XV」が394万8000円。2.5リッターV6が246万7500円~326万5500円、2.5リッター直4の4WD車が267万7500円/296万1000円。

DAYSのコメント

試乗はしていないが、試座?してみたところ、特にリアシートの柔らかな座り心地は、確かに家庭のソファのようで、今までどんなクルマでも体験したことのないものだった。ただ、この柔らかさが走るとどうか、が気になるところ。後席用サンルーフもセダンでは珍しい装備で、ヘッドルームがかなり厳しくなることを除けば、こと後席では極楽気分だ。先代を踏襲したスタイリングは落ち着いてはいるが、華はないのがちょっと気になる。とはいえライバルのマークXより明らかに快適そうに見えるので、商品力は高そうだ。


日産>ティアナ http://www2.nissan.co.jp/TEANA/J32/0806/index.html

日産>プレスリリース http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2008/_STORY/080602-01-j.html