Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 東京モーターサイクルショー 2015が開幕

東京モーターサイクルショー 2015が開幕

カテゴリ:イベント・フェア / 2015年03月27日

 
 

国内最大級のモーターサイクルイベント「第42回東京モーターサイクルショー」が2015年3月27日(金)、東京ビッグサイトで開幕した。開催は29日(日)まで。ショーの様子を現地からリポート!

国産車編

“レーサーレプリカ”復活?


ホンダ RC213V-S

ホンダは合計21台を出展。目を引いたのが参考出品車の「RC213V-S」。ホンダのワークスカラーであるトリコロールに、日の丸をあしらったカラーリングはまるでサーキット専用車だが、よく見るとウインカー、ミラー、ナンバープレートを装備した公道マシン。基本メカニズムは、MotoGPマシン「RC213V」譲りとのことで、エンジンはV4になる。かつてのVFR750R(RC30)みたいなものかと思いきや、市販する場合はそれよりはるかに高価になりそう、とのこと。わざわざプロトタイプと謳っているように、市販を前提に開発しているという。

 

手前がCRF250 RALLY、奥は新開発の直列2気筒を積んだTrue Adventure(いずれもコンセプトモデル)

「CRF250 RALLY」(コンセプトモデル)は、パリダカマシン「CRF450 RALLY」のイメージを採り入れたアドベンチャー系“レーサーレプリカ”。パリダカイメージのホンダ車と言えば、かつてのアフリカツインだが、これは市販車のCRF250Lがベースで、価格や維持費が安く済む。フレームやエンジンは共通なので、例えばシートや一部オプションパーツなども流用できるという。

2輪の“ブルドッグ”登場


ホンダ BULLDOG。あの方も興味津々

面白いのはホンダの歴代レジャーバイク、例えばPS250、原付のズーマー、モトラみたいなデザインの400ccモデル「ブルドッグ」。女性社員の「私にも乗れるバイクが欲しい」という言葉を契機に、シート高730mmを実現。そのためタイヤは15インチで、出展車両はグルービングしてオフ用パターンとした特注品を履く。燃料タンクの両サイドは荷物入れ。既存の400cc2気筒モデルのメインフレームとエンジンをベースにしているが、タイヤを含めて専用パーツが多く、市販するかどうかは「ショーの反応次第です」とのこと。ちなみに車名は1980年代に人気を集めたシティターボIIの愛称でもある。

 

ホンダ SFA(コンセプトモデル)

「SFA」(コンセプトモデル)は、単気筒エンジンを搭載したモタード風モデル。KTMを思わせる構成とデザインだが、国産車では競合車がないだけに市販されれば人気となるかも。

 

ホンダ BULLDOG

ヤマハの主役はやはり「YZF-R1」(写真はサーキット走行仕様)
 

ヤマハ BOLTのダートトラッカー風

懐かしい初代セロー225。30周年記念車と共に
 

今年からMotoGPに復帰するスズキの「GSX-RR(ジーエスエックス ダブルアール)」。初戦は3/29決勝のカタールGP

カワサキは「ニンジャ H2」(左、200ps)と、「ニンジャ H2R」(300ps超、公道不可)を出品。H2Rは7月発売で、価格は540万円!
 

輸入車編

ドゥカティ スクランブラー上陸


ドゥカティ スクランブラー クラシック

毎年華やかなブースを展開するドゥカティ。今年の主役は、何と言っても専用の展示エリアまで作った新型「ドゥカティ スクランブラー」。エンジンは扱いやすいパワーで定評のある従来型モンスター796の803cc 空冷Lツイン(72hp、67Nm) 。それを車重約170kg、シート高790mmの軽量コンパクトな車体に積む。ドゥカティと言えば“前のめり”なモデルが多い中、スクランブラーは気軽に街乗りできる方向。生産はタイで、価格は赤だと99万9500円~(黄色だと100万円を超える)。日本では5月から導入開始。

 

ドゥカティ スクランブラー フルスロットル

ドゥカティ スクランブラー アーバンエンデューロ
 

BMWは怒涛の新車攻勢


BMW R1200R

BMWは、水平対向2気筒モデルの基本形とも言えるR1200Rの新型を出展。従来型およびBMWの大きな特徴だったフロントサスペンションのテレレバーを廃止し、一般的な倒立式テレスコピックフォーク(電子制御ダンパー付)を採用。スタイリングも一気に若返り、今風のネイキッドスポーツ風になった。エンジンは現行R1200GSに続いて、新世代の空・水冷1170cc フラットツインに変更されている。

 

BMWモトラッドの変化を象徴するカスタム車2例。ベースは似ても似つかぬ、直列6気筒ツアラーのK1600GTL

S1000R譲りの1000cc直4を積んだアドベンチャーモデル、新型BMW S1000XR。二昔前なら日本車の独壇場だった市場にBMWが進出しつつある
 

ハーレーからは水冷“ナナハン”が登場


ハーレー・ダビッドソン ストリート750

クルーザーの雄、ハーレーダビッドソンと言えばバンク角45度の空冷Vツインが主力だったが、今年ようやく日本に上陸したのが749ccバンク角60度の水冷Vツイン・OHC・4バルブを搭載した「ストリート750」。水冷Vツインのハーレーは、これまでにもVロッドがあるが、ストリート750は軽量コンパクトで、排気量も現行ハーレーで最小。日本仕様はインド生産で、価格は85万円からと衝撃的。日本製クルーザー危うし?

 

KTMは最新の「1290 スーパーアドベンチャー」や「1050 アドベンチャー」などを出展

インディアンの新型「スカウト」は、同ブランド初の水冷モデル。1130ccの水冷60度Vツイン・DOHC(100ps)を搭載
 

トライアンフのスラクストンをベースに、シックデザインの市販キットを装着した一台

モト・グッツィ V7にもスクランブラー仕様が登場。コンプリート車として127万9000円で販売予定
 

■外部リンク
東京モーターサイクルショー公式HP

 
    (photo/text:丹羽圭@DAYS)