Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 東京モーターショー2003 開幕!(その1)

東京モーターショー2003 開幕!(その1)

カテゴリ:イベント・フェア / 2003年10月24日

 
 

2年に一度行われる東京モーターショー(乗用車・2輪車)が千葉県・幕張メッセで開幕。一般公開は10月25日(土)~11月5日(水)。

37回目を迎えた東京モーターショーには、内外の自動車・2輪車メーカーから268の出品者が参加。世界初発表モデル(ワールドプレミア)が87台(四輪車、2輪車など合計)、日本初発表(ジャパンプレミア)は96台(同)と質、量ともに第1線級の国際モーターショーだ。特に国内メーカーが発表する日本ならでのハイテクやアイディア、デザインを反映したコンセプトカーには世界から注目が集まる。

次期アリストと噂されるトヨタのレクサス LF-S(写真)。ショーモデル然とした美しいデザイン・スタディだが、イメージやディテイルの完成度は高く、これがデザインのベースとなる可能性は高い。トヨタ/レクサスのブースは巨大で、ハイブリッドのミッドシップオープンから、燃料電池車、インテリジェントカーなど、多くのコンセプトカーが並ぶ。

新型オデッセイを発売したホンダは、市販が公表されている8人乗り大型ミニバンのコンセプトモデル「ASM」(写真)を発表。ほかに、全高1250mmとおそろしく車高の低い「KIWAMI」や次期NSX?と言われる「HSC」も展示。

ダイムラー・クライスラーは間もなく市販のSLRマクラーレン(写真)を日本でもお披露目。コンセプトカーのような美しい仕上げとスタイルが見もの。ほかにもフェラーリのエンツォ、ポルシェ・カレラGT、ランボルギーニ・ガヤルド、フォードGT40などなど、スーパースポーツが目白押し。

日本導入予定のシトロエンC3プルリエル(写真)やC2、ルノー・メガーヌなどのフランス車は、市販モデルとは思えないほどデザインが楽しく凝っていて、プレスデイでも人気を集めた。