Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 東京モーターショー2003 開幕!(その2)

東京モーターショー2003 開幕!(その2)

カテゴリ:イベント・フェア / 2003年10月24日

 
 

東京モーターショー2003の様子をちょっとだけ紹介

デザインで世界をリード?する日産からは、FRセダンのコンセプト「FUGA(フーガ)」などのコンセプトカーのほか、北米で発売され、日本に来年導入されるSUVのムラーノ(写真上)を展示。ルノーメガーヌの日産版?のようなC-NOTE(コンセプトモデル)も出品したが、市販するかどうかは未定とのこと。

三菱ブースでは軽自動車サイズのコンセプトカー「SE・RO(セロ)」(写真)が、特に海外のジャーナリストから注目を浴びていた。どっちが前で後ろか分からないデザインは、まさに昔のフィアット・ムルティプラみたいで、欧州の人には理解しやすいかも。ボディは総アルミ。「磨きだしてあるだけなので、表面は少しずつ酸化して曇ってゆきますよ」(三菱スタッフ)とのこと。これぞワビサビか。

スバルは何とかつての軽自動車「R2」の名を冠した軽自動車コンセプトを発表。しかも市販は秒読み段階だ。フィアット、アルファロメオ出身のデザイナー(A・ザパティナス)が指揮したと思われるデザインはそうとう大胆。アルファの楯をさかさまにしたようなフロントグリルは、富士重工らしく飛行機の翼をイメージ。

スズキはSUVコンセプト「LANDBREEZE(ランドブリーズ)」(写真)や金属ルーフ付き4人乗りのオープンの「コンセプト-S2」などのコンセプトカーを展示。目立たないがお勧めは市販車のツインにシックな内外装を与えた「ツイン・マイ スタイル」(参考出品)。