Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > 東京モーターショー 2013

東京モーターショー 2013

カテゴリ:イベント・フェア / 2013年11月20日

 
 


国内最大のモーターショーである「第43回 東京モーターショー2013」が2013年11月20日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で、報道関係向けに開幕した。一般公開は23日(土)から12月1日(日)まで。

日産は2台のコンセプトカーでサプライズ


日産 IDx フリーフローとIDx ニスモ

開幕初日のサプライズは、何と言っても日産の2台のコンセプトカー、「IDx(アイディーエックス) フリーフロー」と「IDx ニスモ」。日産はモチーフについて具体的に説明していないが、全長約4.1メートル、全幅約1.7メートルという5ナンバーボディや2ドアセダンスタイルは、箱スカやケンメリ、シルビアといった日産FR車のDNAを感じさせるもの。

もう一つの目玉は、次世代EVのコンセプト「ブレードグライダー」。ルマン24時間にも参戦した「日産デルタウイング」を彷彿とさせるナローなフロントトレッドとワイドなリアトレッドによる三角翼形状のボディ、中央に運転席を置いた3シーターレイアウトが特徴で、異次元のコーナリング性能などドライビングならぬ「グライディングプレジャー」を追求したという。市販車では、ガラリとスタイリングを変えた新型エクストレイル(12月に発売予定)が注目を集めていた。

 

日産 ブレードグライダー

日産 IDx ニスモ

日産エクストレイルは人だかりが多く、こんな感じ
 

日産 プレスリリース
日産 プレスリリース(IDx関連)

トヨタは次世代タクシー、レクサスは新型クーペやSUV


トヨタ JPN TAXI コンセプト

今年のトヨタは昨年と同じ「FUN TO DRIVE, AGAIN.」をテーマに、次世代燃料電池自動車の「FCV コンセプト」(世界初出展)や、日本のための次世代タクシー「JPN TAXI コンセプト」を出展。パワートレインは、LPGのハイブリッドとのこと。また、パーソナルモビリティ「i-ROAD」やオープンFRスポーツ「FT-86 オープン コンセプト」も展示された。ブース内に再現された“TOYOTOWN”も面白い。

 

レクサス LF-NX(コンセプト)

また、レクサスからは、世界初公開の新型スポーツクーペ「RC」や新開発2.0リッターターボエンジンを搭載した小型クロスオーバーSUVコンセプト「LF-NX」が出展された。

 

アクアを生産するトヨタ自動車東日本が提案するコンセプトカー。手前はアクア エア。奥はアクア G スポーツ。SUV風のアクア クロスもあった

ブース内のTOYOTOWN。(笑福亭)鶴瓶の蝋人形?がいてびっくり

レクサス RC。3.5リッターV6エンジン車と2.5リッターハイブリッドがある模様
 

トヨタ プレスリリース
レクサス プレスリリース

ホンダはS660とNSX。そしてS360も


ホンダ NSX コンセプトとS660

「枠にはまるな。」をテーマとするホンダブース。4輪モデルでは、次世代スーパースポーツの4WDミッドシップ ハイブリッドモデル「NSX コンセプト」もさることながら、やはり軽オープンスポーツのコンセプト「S600 コンセプト」が主役。一昨年のショーでコンセプトモデル「EV-STER」として発表されたものの発展版で、今回のモデルはEVではなく、より現実的な660ccのエンジン車という想定になる。

 

ホンダ NSX コンセプト

二輪は市販車・参考出品車を中心に盛りだくさん。左端はビッグマイチェンしたCBR250R

当時の図面をもとに、ほぼ一から再現したというS360。極めて美しい仕上がり
 

ホンダ プレスリース

スズキは小型SUVコンセプトなど多数出展。マツダは新型アクセラをアピール


スズキ ハスラー(Hustler)

スズキブースの主役は、軽のクロスオーバー「ハスラー」。ワゴンRベースで、発売は間近のようだ。そしてそれをベースにしたコンセプト「ハスラークーペ」も面白い。もっとコンセプトカーっぽい「クロスハイカー」は車重は810kg、1リッター3気筒エンジン搭載という小型クロスオーバー。また、小型オフローダーの「エックス・ランダー」はジムニーベースのシャシーに1.3リッターエンジンと小型ハイブリッドシステム、自動制御マニュアルトランスミッションを搭載したモデル。いずれも軽の規格をはみ出るが、次期ジムニーへの模索かも。

 

スズキ エックス・ランダー(X-Lander)

スズキ ハスラークーペ(Hustler Coupe)

588cc 直列2気筒ターボエンジンを搭載した「リカージョン(Recursion)」
 

スズキ プレスリリース

三菱はワールドプレミア3台を投入。ダイハツは次期型コペン


三菱 コンセプト XR-PHEV

三菱はワールドプレミアとなる3台のコンセプトカーを出展。写真の「コンセプト XR-PHEV」(XR:クロスオーバー ランナー)は、1.1リッター直噴ターボエンジン、モーターなどで構成されるFFタイプのPHEVシステムを搭載した次世代コンパクトSUV。

ダイハツブースの主役は、次期コペンの最新バージョン。樹脂製アウターパネルで簡単に着せ替えできることをアピールすべく、今回はスタイリッシュな「Rmz」とタフなイメージの「Xmz」の2タイプを展示する。

 

ダイハツ コペン future included Rmzおよび Xmz

三菱 コンセプト ARは、1.1リッター直噴ターボのマイルドハイブリッドを搭載した小型MPV

マツダは市販車の新型アクセラを中心にブース展開
 

三菱 プレスリース
ダイハツ プレスリース
マツダ プレスリリース

スバルは新型レヴォーグを初公開


スバル レヴォーグ(市販予定車)

スバルは、新型スポーツツアラーの市販予定車「LEVORG(レヴォーグ)」を世界初公開。新開発の1.6リッター水平対向直噴ターボ"DIT"エンジンや次世代アイサイトを搭載するモデルになる。さらに同1.6リッター直噴ターボのプラグインハイブリッド車「ヴィジヴ エボリューション コンセプト(Viziv Evolution Concept)」、都市型SUVの「クロス スポーツ デザイン コンセプト(Cross Sport Design Concept)」、7人乗りの「クロスオーバー セブン コンセプト(Crossover 7 Concept)」など、スバルの未来を予告する3つのコンセプトモデルを出展する。

 

スバル ヴィジヴ エボリューション コンセプト

スバル クロス スポーツ デザイン コンセプト

スバル レヴォーグ(市販予定車)
 

スバル プレスリース

輸入車は新型MINI、ポルシェ マカン、BMW i3、i8などなど


新型MINI クーパー S

輸入車は米国ビッグスリーやイタリア車の姿がなかったが、その他の主要メーカーが揃った。市販車で注目のモデルは、新型が本国で発表されたばかりの新型MINI。幅がわずかに1.7メートルを超えたが、コンパクトさは相変わらず。センタースピードメーターが廃止されたインパネを覗きこむ姿が目立った。市販車で他に注目は、ポルシェの新型ミドルクラスSUV「マカン」、ジャガーの新型「Fタイプ クーペ」など。BMWからは日本でも来年から市販される電動モデル「i3」と「i8」が登場している。

 

ポルシェ マカン

ルノーブースで異彩を放ったのが新しいデザイン戦略を形にした「デジール」

広大なVWブースだが、目立ったのは新型ゴルフ ヴァリアント
 

BMW i8。1.5リッター直3ターボのプラグインハイブリッドで、価格は1917万円

BMW i3。170psのモーターを搭載し、最大約200kmの航続距離を持つ。価格は499万円で、発電用エンジン付(後続距離は最大約300km)は546万円

ジャガー Fタイプ クーペ
 

水平対向2気筒エンジンの新型「R nineT」。BMWモトラッドの90周年記念車

ヤマハは話題の3気筒モデル「MT-09」などを出展

カワサキの新型Z1000。4灯LEDを採用した、尖ったデザインで勝負
 

ヤマハ ボルト カフェ(BOLT Cafe)

ヤマハの690cc 2気筒スポーツバイク「MT-07(エムティーゼロセブン)」

カワサキの3輪電動ビークル。ホイールベースや乗車姿勢などが自在に変形する。「金田のバイク」のカワサキ版?
 

ヤマハ プレスリリース
カワサキ プレスリリース

(text&photo:丹羽 圭@DAYS)