Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型ミニバン「エスクァイア」を発売

トヨタ、新型ミニバン「エスクァイア」を発売

カテゴリ:新車 / 2014年10月29日

 
 

トヨタ自動車は2014年10月29日、5ナンバークラスの新型ミニバン「エスクァイア」を発売した。中部地区での発表会が行われた同社の名古屋オフィス(ミッドランドスクエア内)からリポート。

ヴォクシー/ノアがベースの上級ミニバン

新型エスクァイアは、今年1月にフルモデルチェンジしたヴォクシー/ノアをベースに、高級感ある内外装を与えた上級ミニバン。トヨタによれば、これまで高級感をあまり重視してこなかった5ナンバーミニバン市場に投入する「新上級コンパクトキャブワゴン」ということになる。コンパクトキャブワゴンとは、5ナンバークラスの箱型ミニバンのことで、日産セレナやホンダ ステップワゴンが競合車だ。

また、トヨタブランド車の販売チャンネルは現在、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つだが、エスクァイアはそのうちトヨタ店とトヨペット店に投入される。ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店なので、これでトヨタの全チャンネルが、基本設計を同じとするコンパクトキャブワゴンを扱うことになった。

ワンランク上の高級感


(photo:トヨタ自動車)

基本的なメカニズムやスペックはヴォクシー/ノアと同じで、エスクァイアでも2リッターガソリン車と1.8リッターのハイブリッド車、そして7人乗り(2列目キャプテンシート)と8人乗り(2列目ベンチシート)を用意。室内寸法やシートアレンジ、燃費数値なども変わらない。

ただしエクステリアは、クラウン マジェスタを思わせる縦基調のT字型メッキフロントグリルを採用するなどで「ワンランク上の高級感」を表現。ボディサイドにはステンレスベルトモールやメッキ加飾のドアハンドルを採用し、バックドアにも専用のメッキ加飾が入る。

インテリアには、一部グレードでインパネからドアトリムにバーガンディ色の合成皮革をあしらうほか、黒木目調加飾やメタル調の加飾を採用。シートにはホワイトのステッチが入った合成皮革(夏は熱くなく、冬は冷たく感じにくい昇温降温抑制機能付)、もしくは手触りのいい消臭機能付ファブリックを採用するなど、上質感を高めている。

月販目標は4000台。価格はヴォクシー/ノアの約15万円高


シートアレンジはヴォクシー/ノアと同じ。7人乗りには、2列目に超ロングスライド&横スライド機構付のキャプテンシートを採用
(photo:トヨタ自動車)

生産工場は、ヴォクシー/ノアと同じトヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)。月販目標は、ヴォクシー(4600台)/ノア(3400台)の計8000台に対して、4000台。

ちなみに2014年度上半期(4~9月)の登録車ランキングでは、ヴォクシーが4位(月平均 約1万0500台)、ノアが9位(同 約6000台)と絶好調で、エスクァイアを加えた3兄弟車を合わせると、1位のアクアに匹敵する月2万台超えの可能性もある。

価格は2リッターガソリン車が262万2857円~、1.8リッターのハイブリッド車が304万3543円~。ヴォクシー/ノアより約15万円高くなる。

なお、エスクァイア(Esquire) と言えば、米国の老舗高級男性誌が有名だが、語源は中世ヨーロッパの「従騎士」とのこと。今回は「一つ上を目指す方にふさわしい」との理由でネーミングされたという。よく見ると、フロントエンブレムは騎士の盾と矛などがモチーフになっている。

また、広告キャラクターには米国生まれのスーパーヒーロー「バットマン」を起用する。こちらもよく考えると、ダークナイト(Dark Knight)ということで、騎士つながり。

デイズのコメント


(photo:トヨタ自動車)

「日本も、私もこれからだ」という30代、40代のマイルドヤンキーなお父さんにピッタリのクルマ。とにかくでっかいグリルを付けると高級になるという、あまりに分かりやすいコンセプトは、現行クラウン以降のトヨタの悪しき慣習、ではなく、良き伝統となっている。しかしよくこの車名が登録できたものだとそこは感心する。これでヴォクシー、ノア、エスクァイア3車の台数を合算すると、アクアを越えて日本で一番売れてるクルマとなるかもしれない。

■参考記事
新車試乗記>トヨタ ヴォクシー ハイブリッド V(2014年4月4日掲載)

■外部リンク
トヨタ>プレスリリース>新型エスクァイアを発売 (2014年10月29日)