Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ「パッソ セッテ」、ダイハツ「ブーン ルミナス」を発売

トヨタ「パッソ セッテ」、ダイハツ「ブーン ルミナス」を発売

カテゴリ:新車 / 2008年12月25日

 
 

ダイハツの箕浦社長(左)とトヨタの豊田章男副社長

トヨタとダイハツは2008年12月25日、3列シート・7人乗りの新型車「トヨタ パッソ セッテ」と「ダイハツ ブーン ルミナス」をそれぞれ発売した。報道発表会のあったホテルイースト21東京(江東区)からリポート。

パッソ/ブーンベースの7人乗りミニバン


ダイハツ ブーン ルミナス

今回の新型車はその名の通りパッソ/ブーンをベースとして、子育て中の女性に向けて開発した「5人がゆったり、7人がしっかり乗れる」コンパクトミニバン。企画は両社共同ながら、開発・生産はダイハツが担当。トヨタにはOEM供給される。

 

トヨタ パッソ セッテ
(photo:トヨタ自動車)

ボディサイズはコンパクトカー並みの全長4180mm×全幅1695mm×全高1620mmだが、ホイールベースはラージクラス並みの2750mm。ワンモーションフォルムの外観は「どこかで見た感」こそあるが、手堅いものともなっている。

1.5リッター+4ATのみ。後席用モニターも装着可

エンジンは全車1.5リッター直4(109ps、14.4kgm)。変速機がCVTではなく全車4ATであるのは、意外と言うべきかパッソ/ブーンベースゆえ順当と言うべきか。10・15モード燃費は15.6km/L(2WD)となっている。

 

(photo:トヨタ自動車)

安全装備にはサイド&カーテンエアバッグをベースグレードを除く全車に標準装備するほか、VSC&TRCを全車にオプション設定。快適装備としては、このクラスにしてリアエンターテイメントシステム(後席用7インチワイドディスプレイ&DVDプレーヤー)を全車にオプションで用意する。

価格は149万円から


トヨタ版の車名「セッテ」はイタリア語の「7(Sette)」が由来
(photo:トヨタ自動車)

生産はダイハツの京都工場で、販売はパッソ セッテがトヨタカローラ店、ブーン ルミナスがダイハツ各店で行われる。目標販売台数はそれぞれ3000台と500台。

価格はパッソ セッテが149万円~203万3000円、ブーン ルミナスが153万5000円~207万3000円(いずれも4WD含む)。

デイズのコメント


(photo:トヨタ自動車)

発表会で壇上に立った豊田副社長は、厳しい情勢の中でも「クルマはまだ無限の可能性を秘めている」と述べた。本当にその通りだと思う。ただこのクルマに関してはあまり可能性を感じなかったのも事実。bB・ブーンをベースにホイールベースを伸ばし、7人乗れる生活車を作ったという点ではホンダのフリードあたりがライバルなのだが、スタイリング的にも内容的にもフリードほどの斬新さはない。

それでも助手席裏にポケットティッシュ入れがあったり、子どもには必需品となる7インチ画面のリアエンターテイメントシステム(DVDを後席から出し入れできる)が10万5000円と安価で用意されているのはちょっと嬉しいところ。「子育てママ」専用という位置づけゆえ、国内はトヨタ・ダイハツ合わせて月販3500台という数字だが、箕浦ダイハツ社長が「アジア中心のグローバルカー」と述べたように、本当の可能性はそのあたりにありそうだ。


トヨタ>パッソ セッテ http://toyota.jp/passosette/

ダイハツ>ブーン ルミナス http://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon_luminas/index.htm

(photo:DAYS)