Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > スズキ ツインがマイナーチェンジ

スズキ ツインがマイナーチェンジ

カテゴリ:新車 / 2004年01月09日

 
 

一部にガラスハッチオープナーなどを追加。ボディカラーも豊富に


スズキ ツイン (ガソリンB カラーパッケージ)

スズキは2人乗り軽乗用車「ツイン」を一部改良し、2004年1月9日に発売した。

改良の主な内容は、まず運転席から後部ガラスハッチの開錠ができるガラスハッチオープナー、およびUVカットガラスのドアウインドウなどを新たに装備した点(ガソリンのAT車であるガソリンV、B、およびハイブリッドB)。

また、ガソリンB(ガソリンAT車の上級版)に、専用車体色(銀色、水色、薄緑色)と専用シート表皮を設定したメーカーオプション車「ガソリンB カラーパッケージ」を、ベースモデルの2万円高で設定。 バンパーとフェンダーアーチモール、ホイールキャップの一部は銀色に塗装される。


新しく加わった「キャッツアイブルーメタリック」
  

さらにガソリンA(ガソリンMT車)などを除く上級グレードに、濃紺「キャッツアイブルーメタリック」のボディカラーを追加。また、ガソリンA(ボディカラーは白のみ)の前後バンパーとフェンダーアーチモールを、従来の無塗装樹脂からブルーグレー色とした。

販売目標は月間500台で、価格は以下の通り。

・ガソリンA(5MT):55万円
・ガソリンA(5MT、エアコン・パワステ付):69万円
・ガソリンV(3AT):75万円
・ガソリンB(3AT、キーレスなどを装備):84万円
・ガソリンB カラーパッケージ(3AT):86万円
・ハイブリッドA(4AT):129万円
・ハイブリッドB(4AT、キーレスなどを装備):139万円

http://www.suzuki.co.jp/index.html