Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、ヴォクシー/ノアをフルモデルチェンジ

トヨタ、ヴォクシー/ノアをフルモデルチェンジ

カテゴリ:新車 , 東海地区の情報 / 2007年06月27日

 
 

トヨタは、ヴォクシー(ネッツ店向け)およびノア(カローラ店向け)を約5年半ぶりにフルモデルチェンジし、6月27日に発売した。トヨタ博物館(愛知県長久手町)で行なわれた発表会では、新しく国内営業担当となった創業家出身の豊田章男 副社長が新型車の紹介を行なった。

累計80万台の国内コアモデル

2001年11月に登場した初代ヴォクシー/ノアは、累計販売台数が約80万台に上るベストセラーミニバン。不振の国内販売でも根強く売れ続けていた。よって今回の2代目も当然ながらキープコンセプト。ステップ高を下げて乗り降りを楽にしたり、サードシートの跳ね上げをバネとダンパーでワンタッチ操作とするなど、主に使い勝手の面で改良されている。


ボディサイズは、全長4600mm前後×全幅1695/1720mm×全高1850mm。主力モデルは従来と同じ5ナンバー幅だが、上級グレードは3ナンバー幅となった。これはワンサイズ大きな205/60R16タイヤ(通常は195/65R15)を収めるべくフェンダーを張り出させたからで、見た目ではほとんど分からない。

トヨタ版バルブトロニック「バルブマチック」を採用

主力エンジンは新開発の2リッター直4「3ZR-FE」だが、技術面で最大のニュースは上級グレード用の「3ZR-FAE」に採用された「バルブマチック(Valvematic)」だ。スロットルバタフライを全開にしたまま、モーターアクチュエーターでバルブのリフト量を連続変化させることで、スロットルの代わりとする、という点はBMWのバルブトロニックと同じだが、トヨタでは独自の極小ギア機構を開発してオリジナルの機構としている。結果としてポンピングロスが低減し、燃費が良くなる点はバルブトロニックと同じだ。10・15モード燃費はバルブマチック搭載車で14.2km/Lを達成している。変速機は全車CVT(無段変速機)だ。

販売目標はヴォクシーとノアで各5000台の計1万台。価格は199万5000円~265万5000円で、4WDは20万~22万500円高。CMタレントはヴォクシーに布袋寅泰、反町隆史、浅野忠信の豪華3名、ノアに酒井法子、佐々木蔵之介を起用する。

デイズのコメント

新型車発表会というより、豊田章男副社長の国内営業担当就任会見という様相となった名古屋の発表会場。ノア/ヴォクシーを合わせれば、日本で一番売れているというクルマの新型発表に、次期社長候補の章男氏を登場させるという展開は、トヨタらしいところ。肝心のノア/ヴォクシーそのものものは、フルチェンジとはいえコンセプトに変化はなく、細かな使い勝手を熟成させたものだ。モデルチェンジ直前ですらコンパクトキャブワゴン市場のシェア44%ということで、今後も売れ続けること間違いなし。章男氏デビューに花を添えるヒット車種となるだろう。

(写真:DAYS)

トヨタ公式サイト>ヴォクシー
トヨタ公式サイト>ノア