Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > トヨタ、新型ヴォクシーとノアを発売

トヨタ、新型ヴォクシーとノアを発売

カテゴリ:新車 / 2014年01月20日

 
 

トヨタ自動車は2014年1月20日、ミドルクラスミニバンの「ヴォクシー」「ノア」をフルモデルチェンジして発売した。中部地区での発表会が行われた中部経済産業局(名古屋市中区)からリポート。

低床フロアを採用。クラス初の本格ハイブリッド車を用意


ヴォクシー(左)とノアのハイブリッド車。バッジが青ベースになる

ヴォクシー/ノアは、5ナンバークラスのトール型7/8人乗りミニバン。2001年に登場したFFベースを初代とすれば、新型は3代目にあたる。今回は内外装デザインを一新したほか、新プラットフォームでさらなる低床化を実現。このクラスで初となる本格的なハイブリッド車(2月24日発売)を用意したのもトピックだ。

 

外観デザインに関しては、ヴォクシーではこれまで通り「“毒気”のあるカッコよさ」(プレスリリース)をテーマとしているが、新型は従来大人しめだったノアでも、押し出しの強い“堂々感”あるデザインを採用。一方、ベルトライン(サイドウインドウの下縁)を下げることで、ドライバーからの視界を拡大したほか、インテリアの開放感もアップしている。

 

ヴォクシー ZSで選べるオレンジ&ブラック内装

プラットフォームやパッケージングも抜本的に改良。ダッシュパネルから後ろのボディ骨格を一新したほか、燃料タンクを超薄型とし、低床フラットフロアを実現。全高を先代より25mm下げながら(1825mm)、室内高は逆に60mm増やしてクラストップの1400mmとしている。

 

7人乗り仕様で、セカンドシートを最後端にしたところ

7人乗りシート車(2-2-3人)には、セカンドシートに横スライド機能および超ロングスライド機能(スライド量810mm)を持たせ、キャプテンシート状態、ベンチシート状態、リムジンのような空間、センターウォークスルーなど様々なシートアレンジを可能にした。サードシートは従来通り、ワンタッチで左右に軽く跳ね上がるタイプを継続している。ちなみにセレナのサードシートは独自の跳ね上げ式、現行ステップワゴンは床下収納式だ。

プリウスα譲りのハイブリッドシステムを採用


ハイブリッド車の駆動用バッテリーは前席下に配置。ウォークスルーはしにくいが、ほとんどジャマにならない

注目のハイブリッド車には、プリウス譲りの(制御面では車重の重いプリウスαに近い)1.8リッター直4エンジン、モーター、ニッケル水素電池などからなるTHS II (リダクション機構付)を採用。同クラスで群を抜くJC08モード燃費23.8km/Lを達成した。

また、2リッター直4ガソリンエンジン(3ZR-FAE)車では、バルブマチックを改良し、新開発のCVT(無段変速機)やアイドリングストップ機能を新採用することで、同クラスのガソリン車でトップとなるJC08モード燃費16.0km/Lを達成している。

 

画角を180度までワイド化した広角カラーバックガイドモニター

また、細かいところでは、バックカメラの視野角を従来の約160度から約180度まで拡大した広角カラーバックガイドモニターを国内向けトヨタ車で初採用(一部グレードにオプション設定)。後退時でも、交差する道路から接近してくる車両などを映せるようにした。

ガソリン車が218万円~、ハイブリッド車が285万円~

生産はトヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)で、月間販売目標はヴォクシーが4600台、ノアが3400台で、合わせて8000台。販売はこれまで通り、ヴォクシーがネッツ店、ノアがトヨタカローラ店。価格はヴォクシー/ノア共に、ガソリン車が218万円~、ハイブリッド車(7人乗りのみ)が285万円~。

CMキャラクターには、ヴォクシーに俳優の瑛太、ノアに同じく俳優のイライジャ・ウッド(「ロード・オブ・ザ・リング」)を起用している。

デイズのコメント


短時間ながら、ヴォクシーのガソリン車に試乗できた。先代同様、走りは軽快だが、アクセル全開時にはエンジン音がそれなりに高まる。ハイブリッド車も早く試したい

FFのヴォクシー/ノアが登場したのは2001年のこと。このジャンルの先駆けであるステップワゴンを追った、後出しジャンケン的な良さに満ちていたが、そこから3代目となる今回も、販売好調のセレナやステップワゴンのイイトコどりをし、さらに伝家の宝刀である本格的なハイブリッドシステムを搭載して、クラストップの販売を目指す。まぁこれまでも、ヴォクシーとノアを合わせれば、クラストップレベルの販売台数だったのだが、今回はノアまで押しの強い顔(グリル)にして、販売ランキングのワン・ツーを狙うという。ミニバンの便利さを知っている人なら、子育て世代でなくともハイブリッドなら欲しい、と思うかもしれないが、人にとってはこの顔にやや抵抗感があるかも。ハイブリッドの駆動用電池も前席下に無理なく収まるなど(補器用の鉛バッテリーが荷室床下を半分ほど専有しているが)、パッケージング面はひとまず文句なしの出来だ。