Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > VW、新型ゴルフを6/25に発売、歴代トップの低燃費を実現

VW、新型ゴルフを6/25に発売、歴代トップの低燃費を実現

カテゴリ:リリース情報 / 2013年05月20日

 
 

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、7世代目になる新型「ゴルフ」を5月20日に発表し、6月25 日に発売する。

「ゴルフ」は1974年に初代が発売されて以来、6世代38年間にわたり2900万台以上が生産されている世界的ベストセラー。7世代目となる新型「ゴルフ」は、フォルクスワーゲンの新しいモジュール戦略「MQB」のもと開発された初めてのモデル。先代で高い評価を得たTSI エンジンや高剛性ボディ、サスペンションだけでなく、エアコンやインフォテイメントシステムにいたるまで新世代モジュールとしてゼロから開発され、機能と性能を格段に向上しながら、プレミアムカーに匹敵する内外装品質、クラス最高の安全装備、大幅な軽量化と燃費の向上を行なった。

 

また、新設計の1.2リッターTSIエンジンと7速DSGを組み合わせたモデルは、車両重量の軽量化効果と相まって、歴代ゴルフ最高となる21.0km/Lの低燃費を実現。また、1.4リッターTSIエンジンは、自動気筒休止システム「アクティブシリンダーマネジメント(ACT)」を、ゴルフとして初採用し、7速DSGとの組み合わせで、19.9km/Lの低燃費を実現。新型ゴルフは、全車エコカー減税100%対象となった。

 

安全面では、プリクラッシュブレーキシステム「フロント アシスト プラス」を標準装備。さらに、マルチコリジョンブレーキシステム、プロアクティブ・オキュパント・プロテクションシステムなどの予防安全装備をこのクラスで初めて全車標準装備した。価格は249万円から299万円。

公式ページはこちら