Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > フォード クーガ、新エンジン搭載でパワーと燃費を向上

フォード クーガ、新エンジン搭載でパワーと燃費を向上

カテゴリ: リリース情報 / 2015年08月06日

 
 

フォードジャパンは、コンパクトSUV『クーガ』を一部改良し、9月5日より発売する。価格はタイタニアムが419万円、トレンドが359万円。

今回の一部改良では、従来の1.6リットル エコブーストエンジンに変わる新パワーユニットを搭載。上級グレードの「タイタニアム」には、クラストップレベルとなる最高出力242ps(旧型比+60ps)を発生する2.0リットル エコブーストエンジンを採用する。

また標準グレードの「トレンド」には182psの最高出力はそのままに、従来の1.6リットルからダウンサイズした1.5リットル エコブーストエンジンを搭載したほか、フォード車初のアイドリングストップ機能を装備。燃費を約34%改善し、12.7km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現する。

ボディカラーは、クーガの力強く美しいデザインを際立たせるホワイトプラチナム(タイタニアム専用色)とクーガとしては初となる赤系のルビーレッド(トレンド専用色)を追加し、選択肢を広げた。

プレスリリース