Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > ボルボ、1.5リッターターボ搭載の新型V40シリーズを日本導入

ボルボ、1.5リッターターボ搭載の新型V40シリーズを日本導入

カテゴリ: リリース情報 / 2015年08月19日

 
 

ボルボ・カー・ジャパンは、『V40/V40クロスカントリー』シリーズに、新開発1.5リッターダウンサイジングターボエンジンを搭載し、8月19日より販売を開始した。

価格はV40が324万円から440万円、V40クロスカントリーが339万円から419万円。
当初の9月1日発売予定を約2週間前倒しての導入となる。

新たに導入した1.5リッター4気筒直噴ターボ「T3」エンジンは、ボルボの新世代パワートレーンDrive-Eのひとつとして開発したもの。最高出力は152ps、最大トルクは250Nmを発生。新開発の電子制御6速AT(ロックアップ機構付)と組み合わせ、JC08モード燃費は16.5km/リットル(V40クロスカントリーは16.0km/リットル)を実現する。

「T3」パワートレーン搭載車はエコカー減税対象モデルの認定を受け、自動車取得税40%減税、重量税は25%減税、翌年度の自動車税も50%減税となる。なお、「T3」は、従来の1.6リッター直噴ターボエンジンと6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた「T4」に替わり導入される。

また、ボルボは日本で販売する車両すべてに、歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキや全車速追従機能付ACCをはじめとする10種類の先進安全装備・運転支援機能を標準装備している。