Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > メルセデスベンツ SLKクラス 一部改良、全車に2リッター直噴ターボを搭載

メルセデスベンツ SLKクラス 一部改良、全車に2リッター直噴ターボを搭載

カテゴリ: リリース情報 / 2015年08月20日

 
 

メルセデス・ベンツ日本は、2シーターオープン、メルセデスベンツ『SLK』の装備内容を大幅に充実し、8月20日より販売を開始する。価格はSLK200 MTが509万円、SLK200トレンドプラスが551万円、SLK200エクスクルーシブが653万円。

今回の改良では、「SLK200」全モデルに2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを採用。成層燃焼リーンバーンとターボ過給により、優れた動力性能と高い環境適合性を実現する。従来の1.8リッターエンジンと比較し、最大トルクは30Nm向上させ300Nmとした。最高出力は184psと変わらない。

「SLK200トレンドプラス」は、9速AT「9G-TRONIC」を採用。多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングと低燃費を実現する。装備面では、AMGスポーツパッケージを標準装備。AMGスタイリングパッケージや18インチAMG5スポークアルミホイールなどのエクステリアに加え、インテリアにもレッドカラーのステッチやシートベルトなどを採用した。

「SLK200エクスクルーシブ」は、トレンドプラス同様の9G-TRONIC採用に加え、「ダイナミックハンドリングパッケージ」を標準装備。路面から受ける負荷だけでなく、ホイール回転数、車両速度、横方向および垂直方向加速度などを車両各部のセンサーが検知。1/100秒の反応速度で電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムの減衰レベルを調整し、俊敏性と快適性を高いレベルで両立する。さらに、世界初の「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」も標準装備。ルーフを閉じた状態でもスイッチ1つでルーフの光の透過度を切り替えることができる。

プレスリリース