Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > アウディ TT、9年ぶりにフルモデルチェンジ

アウディ TT、9年ぶりにフルモデルチェンジ

カテゴリ: リリース情報 / 2015年08月20日

 
 

アウディ ジャパンは、コンパクトスポーツ『TTクーペ/ロードスター』『TTS』を9年ぶりにフルモデルチェンジし、8月20日より販売を開始した。価格は542万円から768万円。

今回発売するのは、2リッター直噴ターボ搭載のTTクーペ/ロードスターおよびTTSで、TTクーペには、FWDとクワトロの2タイプを設定。TTロードスターとTTSはクワトロ仕様のみとなる。最高出力はTTクーペ/ロードスターが230ps、TTSが286ps、トランスミッションは全車6速Sトロニックを採用する。

パワーアップしたエンジンと、アルミを多用したコンポジット(複合)構造の軽量ボディなどにより、コンパクトセグメントのスポーツカーとしてトップレベルの走行性能を実現する。

また、クラス初のフルデジタル多機能メーター「アウディバーチャルコックピット」を全モデルに採用し、さらにマトリクスLEDヘッドライトをTTSに標準搭載、TT各モデルにもオプション設定する。

デザインでは、アーチ型ルーフライン、丸く張り出したホイールアーチ、大型のアルミ調フィラーキャップ、インテリアの丸型エアベントなど、TTとしてのアイデンティティを伝えつつ、ボンネット上に移されたフォーシルバーリングスのエンブレムや6角のシングルフレームグリルなどにより、新時代のアウディスポーツカーであることを明確に表現した。

プレスリリース