Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > ベンツ Sクラス、日本初のクリーンディーゼルHVを導入

ベンツ Sクラス、日本初のクリーンディーゼルHVを導入

カテゴリ: リリース情報 / 2015年08月27日

 
 

メルセデス・ベンツ日本は、『Sクラス』に日本初のクリーンディーゼルハイブリッドモデル「S300h」を追加し、8月27日より発売する。価格はS300hが998万円、S300hエクスクルーシブが1270万円、S300hロングが1340万円。


S300hは、クリーンディーゼルエンジンに高効率の電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用。最高出力204ps、最大トルク500Nmの2.2リットル直列4気筒BlueTECエンジンに、最高出力27ps、最大トルク250Nmを発生する高効率の電気モーターを組み合わせることで、最新V8エンジンと同等のトルクを実現した。

また中・高速巡航時にアクセルから足を離すと、エンジンをドライブトレインから切り離す低減させるセーリング機能を搭載。燃費向上に寄与するとともに、Sクラスならではの高い静粛性を実現する。

ラインアップは、「S400h」と同等の装備を持つ「S300h」、スポーティなエクステリアとマッサージ機能付シートやクロージングサポーター、エアバランスパッケージなど装備の充実を図った「S300h エクスクルーシブ」、ロングホイールベースの「S300h ロング」の3モデルを用意する。

JC08モード燃費は、S300hとS300hエクスクルーシブが20.7km/リットル、S300hロングが19.5km/リットル。全モデルでエコカー減税の優遇(重量税、取得税免税)対象となる。

プレスリリース