Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 日産デイズ、ハイビームアシストを軽自動車初採用…自動ブレーキも全車標準装備

日産デイズ、ハイビームアシストを軽自動車初採用…自動ブレーキも全車標準装備

カテゴリ: リリース情報 / 2015年10月22日

 
 

日産自動車は、軽自動車『デイズ』をマイナーチェンジし、10月22日より販売を開始した。価格は115万0200円から168万4800円。

今回のマイナーチェンジでは、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を軽自動車として初採用。これにより、ロービームへの切り替え忘れを防ぐだけでなく、ハイビーム走行が増えることで前方の歩行者や道路状況をいち早く視認することが可能となった。

さらに、従来メーカーオプションだった「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」などの安全装備を全グレードに標準装備とした。また、赤外線を約70%カットするIRカットガラスを新採用。紫外線を約99%カットするスーパーUVカット断熱機能と併せて、快適なドライブをサポートする。

エクステリアでは、「デイズ」は新デザインのクロームグリルを、「デイズ ハイウェイスター」は堂々とした存在感を主張するフロントフェイスを新たに採用。ともにより精悍で上質感のあふれるデザインとした。また、リヤコンビネーションランプは全車新デザインのLEDシグネチャーランプとした。

インテリアは、「デイズ」には新シート表皮を採用、「デイズ ハイウェイスター」には新たにメーカーオプションとして明るく高級感あふれるプレミアムコンビネーションインテリアを設定するなど、質感を向上させた。
ボディカラーには、オレンジ系のスカーレット、オーシャンブルー、アイスブルーをはじめ6色の新色を投入。14色のカラーバリエーションとした。

パワートレインでは、エンジンの摩擦抵抗を低減したほか、4WDとターボ車にはアイドリングストップ機能とバッテリーアシストを新たに採用することで、全車の燃費を向上させた。