Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > スバル、フォレスターを大幅改良…アダプティブドライビングビームなど採用

スバル、フォレスターを大幅改良…アダプティブドライビングビームなど採用

カテゴリ: リリース情報 / 2015年10月28日

 
 

富士重工業は、スバル『フォレスター』に大幅改良を施し、11月2日より発売する。価格は214万9200円から312万8760円。

今回の改良では、高次元にバランスさせたSUVとしての性能をさらに進化させ、「デザイン」や「走りの愉しさ」、「SUVとしての使い勝手と快適性」に磨きをかけるとともに、安全性能を強化した。

安全性能では、「アイサイト(ver.3)」や新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」に加え、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用。世界トップレベルの安全性能に磨きをかけた。

エクステリアは、フロントフェイスを刷新することでSUVの逞しさと先進的な印象を向上。インテリアは本格SUVとしての機能性の高さを感じさせるデザインとし、上質感も高めた。走行性能では、ステアリングギヤボックスを新設計し、リニアなステアリング応答性を確保。さらにサスペンションの最適化により、しなやかで落ち着いた上質な乗り味を実現した。

また、ドアガラスの板厚アップやシール部品の強化、リニアトロニックの改良などを施し、走行時の静粛性を向上。快適な室内空間を実現した。

プレスリリース