Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 日産 エクストレイル、自動ブレーキと車線逸脱警報を全車標準装備

日産 エクストレイル、自動ブレーキと車線逸脱警報を全車標準装備

カテゴリ: リリース情報 / 2015年12月16日

 
 

日産自動車は、全グレードに自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)を標準装備するなど、『エクストレイル』を一部仕様向上し、12月16日より販売を開始した。価格は223万8840円から329万4000円。

今回の一部仕様向上では、全グレードにエマージェンシーブレーキおよび、LDW(車線逸脱警報)、踏み間違い衝突防止アシストを標準装備。また、ガソリン車全車に暖房の効きを早める「PTC素子ヒーター」を標準装備するとともに、ハイブリッド車の「20X」および「エクストリーマーシリーズ」にはリモコンオートバックドアを標準装備とし、快適性と利便性を高めた。

そのほか、新色として、サバンナの大地を照らす太陽の力強い色をイメージした「キャニオンブロンズ」を採用し、カラーバリエーションを充実。グレード構成では、2WDのガソリン車およびハイブリット車に「20S エマージェンシーブレーキパッケージ」を追加設定した。

プレスリリース