Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 三菱、改良新型ミラージュ を発表…e-アシスト全車標準装備、燃費も改善

三菱、改良新型ミラージュ を発表…e-アシスト全車標準装備、燃費も改善

カテゴリ: リリース情報 / 2015年12月17日

 
 

三菱自動車は、コンパクトカー『ミラージュ』を大幅改良し、2016年1月14日から販売を開始する。価格は138万0240円から148万5000円。

今回のマイナーチェンジでは、予防安全技術「e-アシスト」を全車に標準装備。低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM-City」と誤発進抑制機能(前進時)により、安全性能を高めた。

また、アイドリングストップ機構「オートストップ&ゴー(AS&G)」に減速時(約13km/h以下)からエンジンを停止させるコーストストップ機能を追加。さらに、細部にわたる改良で、JC08モード燃費を0.4km/リットル改善、25.4km/リットルの低燃費を達成した。

エクステリアは、ボリューム感のあるボンネットフード、クロームメッキで加飾した上質感のあるアッパーグリルとロワーグリル、下部にエアダム形状を配したスポーティなフロントバンバーを採用し、従来よりもスポーティで上質なフロントフェイスとした。

インテリアでは、ステアリングホイールとスポークの一部をピアノブラック&メッキ加飾として上質感を向上させたリモコンスイッチ付きの本革巻ステアリングホイールを「G」に採用。また「G」はブラック内装、「M」はブラック&アイボリー内装とし、それぞれ質感を高めた新デザインのシートを採用した。
プレスリリース