Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > ホンダ ヴェゼル、一部改良…安全運転支援システムを全グレードに設定

ホンダ ヴェゼル、一部改良…安全運転支援システムを全グレードに設定

カテゴリ: リリース情報 / 2016年02月25日

 
 

ホンダは、小型クロスオーバーSUV『ヴェゼル』に安全運転支援システム「ホンダ センシング」を設定、また新タイプ「RS」を追加し、2月26日に発売する。価格は192万円から288万6000円。

今回、すべてのグレードでホンダ センシングの選択を可能としたほか、走る楽しさを追求した「RS」を新たに設定。RSは、パフォーマンスダンパーや可変ステアリングギアレシオに加え、ホンダ独自のCVT制御「G・デザイン シフト」を専用設定する。エクステリアには専用フロントグリル、ボディーロアガーニッシュ・ドアミラー、専用18インチアルミホイールを採用。インテリアには、専用スウェード調表皮「ウルトラスエード」を採用し、走りのイメージを高めている。

そのほか、ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動開閉する「オートリトラミラー」を全タイプに標準装備したほか、左右独立温度コントロール式エアコンの採用をハイブリッド全グレードに適用するなど、快適装備を充実させた。

プレスリリース