Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > メルセデス SL、改良新型を発売、内外装を刷新…1265万円~3383万円

メルセデス SL、改良新型を発売、内外装を刷新…1265万円~3383万円

カテゴリ: リリース情報 / 2016年06月02日

 
 

メルセデスベンツ日本は、内外装を刷新した新型メルセデスベンツ『SL』を発表し、6月2日より販売を開始する。価格は1265万円から3383万円。

エクステリアでは、末広がりの形状を持つ独特なフロントデザインが特徴的。フロントグリルを垂直に近く立てた伝説のレーシングカー「300 SLパナアメリカーナ」からインスピレーションを得たという。インテリアでは、ダッシュボード上部をドアのベルトラインと一体化。円形エアアウトレットを4個配備したデザインでスポーツ性を強調している。

また、SLの特徴でもあるバリオルーフは、走行中の開閉可能速度を40km/hへ引き上げた。さらにルーフを開ける際にトランク内のカバーが自動で動くようになったことで、いつでもワンアクションで開閉できるようになった。

基本グレードは、「SL400」と「SL550」の2種類を設定。SL400には最新世代の3.0リットルV型6気筒ツインターボを搭載し、最大出力367psを発生する。また、SL550は最大出力455psの4.7リットルV型8気筒ツインターボを搭載。新たに電子制御9速AT「9Gトロニック」を組み合わせ、優れた快適性と効率性、俊敏性を実現している。また、アクティブボディコントロールサスペンションにダイナミックカーブ機能を新搭載して、走行時の安定性と快適性を向上させた。

このほか、高性能バージョンとして、5.5リットル V型8気筒ツインターボ搭載の「メルセデス AMG SL63」、6.0リットルV型12気筒ツインターボの「メルセデス AMG SL65」をラインアップする。