Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > マツダ アクセラ、大幅改良モデルを発売…車両運動制御技術を初搭載

マツダ アクセラ、大幅改良モデルを発売…車両運動制御技術を初搭載

カテゴリ: リリース情報 / 2016年07月14日

 
 

マツダは、スポーツコンパクト『アクセラ』を大幅改良し、7月14日より順次販売を開始する。価格は176万0400円から331万0200円。

今回の大幅改良では、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-ビークル ダイナミクス」の第一弾「G-ベクタリング コントロール」を初搭載。エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーなどを統合的に制御することでタイヤの接地荷重を最適化し、走行性能を高めた。

また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」のノック音自体を抑制し心地よいエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を初採用。ノック音の原因であるエンジン燃焼による圧力波(エンジン加振力)と、部品の共振周波数(構造系共振)との関係に着目し、特に音量が大きい周波数帯別に静粛性を向上させた。

パワートレーンはガソリンエンジン、ハイブリッド、クリーンディーゼルエンジンの3種類を用意。ディーゼルエンジンは従来の2.2リットルに加え、1.5リットルを追加した。