Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > 日産 セレナ、フルモデルチェンジ…ミニバン世界初の同一車線自動運転技術を採用

日産 セレナ、フルモデルチェンジ…ミニバン世界初の同一車線自動運転技術を採用

カテゴリ: リリース情報 / 2016年08月24日

 
 

日産自動車は、ミニバン『セレナ』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、8月24日より発売すると発表した。価格は231万6600円から318万7080円。

5世代目となる新型セレナは、ミニバンクラス世界初となる、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用。高速道路などで、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御するほか、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する。また先行車両が完全停車した場合、自動的にブレーキをかけて停車するとともに、ドライバーがブレーキを踏むことなく停止状態を保持。さらに、先行車両が発進した際は、ドライバーが簡単な操作をするだけで、追従走行を再開する。

また新型セレナは、クラストップとなる室内長3240mmを実現。前モデルより180mmも広くなったことで、1列目から3列目シートそれぞれのひざ周りスペースにゆとりを生み出している。さらにAピラーのスリム化やメーターデザインの改良により、広々とした見晴らしの良い視界を確保するとともに、2列目のシートベルトをシート内蔵式にすることで、3列目シートに座っても開放感があふれる快適な室内空間を実現した。

装備面では、足を動かすだけで開閉できる「ハンズフリースライドドア」や、上部のみの開閉にも対応する「デュアルバックドア」を新たに採用。また、女性でも楽にシートを動かせるようシートの操作力を大幅に軽減し、3列目シートからの乗降性を向上させたほか、足をのばしてリラックスできる「2列目超ロングスライドシート」を採用し、より多彩なシートアレンジを実現している。

なお、プロパイロットを標準装備した「プロパイロットエディション」は2017年3月末までの期間限定生産となる。