Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > リリース情報 > メルセデス Cクラス、初のカブリオレモデル発売…606万円~1403万円

メルセデス Cクラス、初のカブリオレモデル発売…606万円~1403万円

カテゴリ: リリース情報 / 2016年09月28日

 
 

メルセデスベンツ日本は、『Cクラス』初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」4機種を9月28日より発売する。

ラインアップは1.6リットル直4直噴ターボ(最高出力156ps)を搭載する「C180カブリオレ スポーツ」、2リットル直4直噴ターボ(同245ps)の「C300カブリオレ スポーツ」、3リットルV6直噴ツインターボ(同367ps)の「メルセデスAMG C43 4マチック カブリオレ」、4リットルV8直噴ツインターボ(同510ps)の「メルセデスAMG C63 S カブリオレ」の4モデルを展開。

価格はC180カブリオレ スポーツが606万円、C300カブリオレ スポーツが768万円(受注生産)、メルセデスAMG C43 4マチック カブリオレが960万円、メルセデスAMG C63 S カブリオレが1403万円。

Cクラス カブリオレは、電動開閉式の「アコースティックソフトトップ」を装備。走行中でも50km/hまで開閉可能で、約20秒で開閉が完了する。また、高い遮音性と耐候性を備えるほか、クリアな後方視界を確保するためガラス製リアウインドウを採用している。

エクステリアは、メルセデスのデザインコンセプト「モダンラグジュアリー」を体現。ロングボンネットとショートオーバーハングが特徴のフロントエクステリア、フロントバンパーからフェンダーライン、ワイドなリアまで一体的につながるサイドラインなど、ソフトトップの開閉を問わず、スタイリッシュで美しいプロポーションを実現している。

インテリアでは、オープンドライブ時に、室内への風の巻き込みを抑え快適性を向上させる「エアキャップ」や、ヘッドレスト下部から温風を吹き出して首の周囲を確実に暖める「エアスカーフ」も装備。寒い季節などでも快適なオープンドライブを提供するカブリオレ専用の装備を追加している。